布引・北野

, , , コメント: 2

布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視路。布引谷から下山。

なぞ
予想通り「南無妙法蓮華経」の念仏碑があった。これは鼓瀧上流右岸のルンゼを登った時に出会ったもの。流れ的にはやはり、手前にあった廃屋らしき場所が妙見宮跡なのではないだろうか。語り部さんがいるなら聞いてみたい。


獣道の水平道を慎重に戻って、九十九折の道を登り返す。


郭跡最初の地点にあった、左手にある踏み跡を進んでみよう。


すぐに神戸布引ロープウェイの支柱がある地点に着く。ゴンドラが真上を通過していく。右手に進むと…


救助装置を置いているのであろう、物置があった。こんなものもあるんだなぁ。顕著な踏み跡がどこにも見られないので奥のブッシュに突っ込んでいく。適当に斜面を登って城山道に復帰。


しばらく登って沢渡さんの石柱がある地点。左奥に進む城山道に別れを告げて、右奥に進む。怪しげな踏跡を辿って…


郭跡から先、比較的緩やかな尾根筋を下っていく。


水道用地境の石柱がある。さらに下る。以前も行ったことがあるのであまり不安はない。


これも水道用地境の石柱かな。埋もれていてわからなかった。さらに下ると…


尾根筋にどデカい岩が鎮座する。右から回りこんで下っていく。


大きな岩から先はだだっ広い斜面となる。眼前に布引貯水池の湖面が迫ってくる。


五本松堰堤が見えた。この地点は比較的明瞭な踏み跡がある。が、ここから先、堰堤付近までは道が流されている。とりあえず堰堤右岸まで行ってみよう。


無理やり来てみたが…堰堤天端は立入禁止だし、下流側もフェンスに仕切られて進めなくなっている。しようがないので戻る。ところで六甲摩耶再度山路図には貯水池の南から西に周回するような小径が書かれている。昭和初期にはそれなりに歩ける道があったようす(神戸市:布引貯水池のあゆみを見ても明確な道がある)。城山302.6から下る道は行ってみたことがあるけど、なかなか険しかった。

ページ:
1

2

3 4 5

コメント

    • 長峰大好き
    • 2016年 4月 24日

    古い石柱の件、堺市、神戸港湾Wikiの情報がいったん下げられてこのまま進捗無しかと思っていましたがいろいろ見えてきましたね

    山麓道、かずら橋ルート、生田川で囲まれた三角ゾーン内に鍵ありとも思っていましたが歳のせいか土曜山歩く→日曜ただのご老体で傍観していました

    面白い!過激に詳しいルンゼ情報も含めてネット上に貴重なアーカイブとして永く残していただきたいです。

    • こんにちは!
      今日も近場を行ってみたのですが、案内板に妙見宮の場所が明記されてました。なんともはや…。

      間違った情報や勘違い、誤表記や誇張などに注意していきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  2. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  3. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…

ナレッジ記事

  1. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  2. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  3. 地蔵谷についての下調べ。
  4. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  5. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。

ピックアップ記事

  1. 木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台…
  2. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
  3. 烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。…
  4. 摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平…
  5. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…

姉妹ブログ

PAGE TOP