菊水・鍋蓋・再度

, , コメント: 0

三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。


下って行くと流路工。先で土砂で埋まっていた。こんな浅い谷筋でこれは必要なのかはわからない。


手前でゴミまみれのダムを越えて下流。見覚えのあるブルーシート。世捨て人さんがお住まい。(下ってきたのは支流で、本流に合流するかたち)右奥に下っていく。少しばかり下って行くと先に滝があるので、逃げるように左の山腹を少しだけ進む。左奥の道は尾根に続くんだけど、強引に急斜面を下って滝下に向かうことにする。


滝直下に来た。再度谷では五本松の滝、猩々滝に次ぐ落差だと思う。なかなか立派な滝。下流に下る。


少し下ると、緩やかな傾斜だけど滝と呼べそうな箇所。再度谷支流の谷の中では顕著な滝がある谷だ。


再度谷周辺では珍しい岩石帯。これも見覚えがる感じ。右下に下っていくと…


多々部東堰堤に下り着いた。本流は歩いたことがあるけど、支流の下りは初めてだった。堰堤を右から越えて下っていく。


高さは20mなんだけど、それ以上の高度感。苦手な急斜面を下っていく。対岸からも下ったことがあるんだけど、どうもこの堰堤は苦手だ。下った先で多々部橋を渡って大師道に合流。茶屋を目指して下っていく。


再度ミニガーデンⅠを通過。Ⅱはどこなんだろうか。どなたが管理されているのか。また調べておこう。


稲荷茶屋に来た。砂場はペンキでピンクに塗られていた。(赤と白のペンキを綺麗に混ぜられたようす)


まだ少々汚れはあるんだけど、小魚が泳いでいる。なんと、茶屋建設に携わるに職人さんが毛鉤で釣って食べてみたそうだ。


職人さんの手作り毛鉤を見せていただく。テンカラやフライフィッシングについて色々ご教授いただいた。


見上げると上空にはたくさんカゲロウが舞っていた。小魚がいるのも納得。まだまだ捨てたもんじゃないなぁと思う。茶屋にて少しお話。サイトオープンは間もなく。フライフィッシング、いつかやってみたい。

ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  3. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  2. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  3. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  4. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  5. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…

ピックアップ記事

  1. 日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを…
  2. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  3. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  4. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…
  5. 石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台…

姉妹ブログ

PAGE TOP