布引・北野

, , コメント: 0

新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継山へ登る。

2016年5月5日こどもの日。前日は遠出したので、今日は近場。宿題を済ませるべく山に行く。

DSC_0512
新神戸駅の裏、丸山には鯉のぼりが舞っていた。新神戸駅下はBBQのメッカなんだけど、ゴミがひどい。そのうち禁止になるんじゃないかしら。

DSC_0539
雄滝などを見て、しばらく進んで布引五本松堰堤。そういえば堰堤右岸の際、下流側は見たことがないなぁ。また行ってみようかな。

DSC_0557
進んで分水堰堤。ここから市ヶ原までの区間は謎のエリアだったので、歩いてみよう。

DSC_0563
紅葉の茶屋を過ぎた辺りから適当に斜面を下ってきた。廃井戸がある。対岸の平坦な場所には廃屋があった。苦手な雰囲気だ。

DSC_0583
ハイキング道からも見える河原の住処。廃屋かと思っていたけど、何やら現役のようす。さっさと通過する。

DSC_0587
右を見上げると、なんと小学生と思われる女の子が下ってきている。こんなところに近づいてはいけない。

DSC_0594
特に収穫もなく市ヶ原の砂防ダム。河原はGW中で賑わっていた。静かに右岸から河原に飛び出す。縦走路に合流し、しばらく進んで天狗道への右折地点からまっすぐ進む。

DSC_0606
巨大堰堤、新市ヶ原砂防ダム。右から越える。

DSC_0612
堰堤上流側への下り。毎回ヒヤヒヤもんだけど、ここを行くのも多分今日が最後かなと思う。


堰堤上流に下りて、上流側へ少し進んだ地点。右岸に支流がある。宿題1、今日はまずこの沢を詰める。奥に小滝。以前来た時に両岸から岩屑が流れ込んでいると思ったんだけど、改めて見ると上流から流されてきた土砂だと思う。

DSC_0652
沢の入口に6m滝。ホールド少なめで案外難儀。剥がれそうな岩をだましだまし登る。

DSC_0659
滝の上部は谷止工。小滝らしきものもある。先で谷が右に曲がる。

DSC_0674
曲がった先には大岩があり、ここで二俣となっている。本流は右俣。双方とも滝がある。

DSC_0687
左俣には10mほどの滝。ここを詰めればすぐに高雄山展望ルートのコルに行き着くと思う。

DSC_0685
右俣本流は2段の滝。多少は水流が見られる。適当に登って、奥の治山ダムを右から越える。左ステップ有(関係者以外立入禁止)

DSC_0703takao
ダムを越えるとやや谷が左に曲がって、また治山ダム。左にステップがあるけど、同じく右から越える。

DSC_0717
越えると想定外の藪。棘も多く、おいそれと木を掴めない。注意して登る。先でダムを左から越える。

DSC_0740
藪とガレ、ダムをやり過ごすと植林エリアに突入。谷筋が三筋に別れている。正面、真ん中の谷筋を進むことにする。

DSC_0754
ふと振り返ると、同じ高さに世継山の伐採エリアが見えた。このあと行ってみる予定。

DSC_0774
露岩が出てきた。幹を掴んだりしながら上部を目指す。谷筋はほぼ消滅していて、適当に斜面を登っている。

DSC_0788
獣道を拾いながら、山頂下をトラバース気味に進む。先で適当な地点から左へ、頂上を目指して斜上する。

DSC_0800
高雄山頂数メートル南に飛び出した。ピタリといきたかったんだけど…。眺望もないのでさっさと下る。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  2. 神戸市境界石No.116-87 県立美術館を起点に青谷道、東…
  3. 神戸市境界石No.82-98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区…
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. ハーブ園山頂駅からビクトリヤ谷。天狗峡残骸を確認し、高雄山管…

ナレッジ記事

  1. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」 上野道を下る。
  2. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  4. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  5. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…

ピックアップ記事

  1. 見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  2. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  3. Tenseien-Path 天清園道・菊水山・城ヶ越・神戸ア…
  4. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  5. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
PAGE TOP