摩耶

, , , コメント: 2

木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。


うーん…無理だ。取り付く島もない。右から巻いていく。木の根さえしっかりしていたら、腕力でごぼう的に登れなくはなさそうだけど…多分無理。すぐにダムがあるのでこのまま山腹を進む。


ダムの上部でさらに二俣となっていた。水流が見られる右俣へ進む。


なんだかすごく険しそう。もうすぐ谷は終わりなんだけど…


右俣に入ってすぐ。右岸に支流がある。後から思えばこちらに進んでも良かったかも…。進んでいくと…


こんなのがあったのか…。三段滑滝。いや傾斜のきつい滑か。微妙なところ。ここまで進んでこんな展開になるとは…。出だしは傾斜も緩く、滑りにくいので直登していく。2段目あたりから傾斜がキツいので左に逃げる。逃げた先で掴んだ岩がゴッソリ剥がれ、中から蟻が這い出してきた…少々怯む。


3段目から先も傾斜が割りとある。が、ここらあたりで斜面をわずかに下り、強引に流れに戻る。


上部で二俣となる。ここも水量豊富な右へ進む。それにしても「なんでこんなに水量が多いの?」という疑問が出てくる。と、同時に匂いも気になってきた。若干嫌な予感…。


思わず「おい〜」と声を上げてしまった。詰めに詰めてこれか…。左に逃げて斜面を登ると…


15:02 オテル・ド・摩耶のファミリールーム裏あたりに飛び出した。右に回りこんで駐車場へ抜ける。


15:16 しばらく歩いて掬星台。木ノ袋谷は滝から先、結構キツい展開だったけど 初見の滝群に魅せられ、滑滝には驚かれさた。チョックストーン滝越えでモタモタして瞼を蚊に散々やらてもったり腫れてしまった。滝の動画を撮ってみたものの使い物にならず…。難しいなぁ。

おまけの帰り道に続く。

ページ:
1 2

3

コメント

    • 長峰大好き
    • 2016年 5月 23日

    いや〜素早い行動力と見事な踏破力!素晴らしいですね。堪能させていただきました。写真も実に綺麗!
    木の袋谷の左俣奥の遡行記録としては現時点で最も完璧ではないでしょうか。

    源流の水質を含む様々な情報もあえて伏せていました、ご免なさいです!でもこのブログのお陰で左俣奥の滝群に光明が与えられました

    最後の滑滝に進まずに左俣を選べばジャグジー方向ですがこちらにも違った趣の流れが…

    木の袋滝までのルンゼも個人的には好きで厳冬期を中心にくりかえし訪れているところもありますがMuscleTurtleさんならきっと別の展開が待っているような…

    釈迦に説法ですがどこも岩質脆く落石には十分ご注意下さい

    • 長峰大好きさん こんにちは!

      恐縮です。
      今まで行った六甲の谷筋と比較してけっこう困難でした。連続するチョックストーン滝が核心部ですかね。
      大きい滝の壁はいいとして、圧迫感満載の手前のチョックストーン滝…あれもう1回行ける気がしないです…。

      摩耶山東部はあまり行っておらず、面白さを発見させていただきありがとうございます。
      伏せていただいたからこそ、楽しみもありました。

      ルンゼなどは想像するに、どこも相当険しそうですね。「別の展開」が気になるところ。
      注意して行ってみようと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  2. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  3. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  4. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  5. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…

ナレッジ記事

  1. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  2. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  4. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  5. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…

ピックアップ記事

  1. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…
  2. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  3. 布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
  4. 裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左…
  5. 天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根…

LINE@はじめてみました

PAGE TOP