摩耶

, コメント: 0

神戸市境界石No.116-87 県立美術館を起点に青谷道、東山、学校林道を経て掬星台。


青谷道に入ってすぐ、左手に纏リスがある地点からフェンスを越えて谷に下る。


堰堤際を進んで谷筋に下りて来た。この左の崖、よく下って来たなと自分に呆れる。下れたのなら登るのは容易。さて、登る。


崖を登ると「九十八号」石柱がある。確認後、キツい斜面を登って行く。しかしこの石柱よく設置できたなと感心する。ところで神戸文学館116号からこの98号まで、短い区間に18本の石柱があることになるんだけど、痕跡は全く分からなかった。


キツい斜面を登って九十七号。切れ目は北西へ転換する。思い返せば、下りでよく九十八号石柱に出会えたもんだ…。


次に九十六号に出会う。「神戸市界」の文字が良く見える。切れ目が示す方向に進む。土台部分はイノシシに掘り返されている。


九十五号石柱。これだけ異様に判読しやすかった。同年代のものなのになぜだろう…。ほかの石柱に比べて保存条件が良かったのかな。


中尾町分岐地点、尾根筋の脇に九十四号石柱。この尾根筋にはしっかり石柱が残っているなぁ。頭頂部の切れ目が示す方向に直線的に進む。


学校林道へ向けて右へ転換する地点。奥で旧摩耶道が交差してくる。ここにおそらく九十三号石柱があったのではないかな。右奥まっすぐ学校林道を進む。


4本鉄塔の手前の幹の側、いかにもな感じの石が埋もれていた。今まで気づかなかったなぁ…。今回の主旨からして、掘り起こしてみる。


写真ではわかりづらいけど、九十二号と掘られていた。ということは手前に九十三号があったはず。東山尾根分岐地点で間違いないだろう。一応埋めなおしておく。こうして見ると石柱の半分は埋めるんだなぁ。横たわるこの形には見覚えがあるぞ…。


進んで学校林道の脇、道標の奥に九十一号石柱。


進んで婆谷基準点から三宮方面への眺望。ここに九十号があったんじゃないかなぁ…?


16:06 天狗道555ピークに来た。道標左の木の左下。これこれ、この形。今まで気にせずによく休憩に使っていた石。


やはり神戸市境界石だった。番号は八十九号。灯台下暗しとはまさにこのことだ。今まで休憩ベンチにしていてごめんなさい。うーん、九十号…また探さねば。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 神戸市境界石No.116-87 県立美術館を起点に青谷道、東…
  4. 神戸市境界石No.82-98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区…
  5. 神戸市境界石No.75-76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…

ナレッジ記事

  1. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  2. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  3. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  4. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  5. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…

ピックアップ記事

  1. 須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を…
  2. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  3. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  4. 岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつで…
  5. 烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。…
PAGE TOP