ナレッジ

, コメント: 0

市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ?しょうがはら?

ここのところ神戸市バス25系統を使う機会が多く、どうにもこうにも気になってしようがないことがあった。それはバス停の名称。正式名称と違う読み方の停留所が2つある。話を進める前に25系統の全バス停を見ておこう。

森林植物園前→五辻→森林植物園西口→学習の森前→再度公園大竜寺(だいりゅうじ)→二本松→ビーナスブリッジ→中山手3丁目→三宮バスターミナル

気になる停留所

1つは大竜寺(だいりゅうじ)。正式には大龍寺で読み方は「たいりゅうじ」。「竜」と略字を使用するのは、まぁわかるかなぁ。


これは車内の電光掲示板。「Dairyuji Temple」とある。しかし車内アナウンスは明らかに「たいりゅうじ」と言っている。


もう1つは再度公園(ふたたびこうえん)。これは車内の電光掲示板には「Futatabi Park」とあってそれは良いんだけど、車内アナウンスが「ふたたびこうえん、しょうがはら」と続けて言っている。正しい読み方は「しおがはら(修法ヶ原)」。「しょうがはら」というのは「しゃべり言葉でそう言う」という感じで、これもまぁわかる…。

というわけで、上記2点について現状とそうした名称にされた経緯を神戸市 交通局 市バス運輸サービス課に問い合わせてみました。

職員さんとのやりとり

Muscle
25系統のバス停の名称についてお聞きしたいのですが 
ここで上記の内容を伝えると…
職員さん
現在わかる者が出ておりますので折り返しのご連絡でもよろしいでしょうか。

……時間をおいて折り返しの電話をいただいた。

職員さん
遅くなってすみません。私どももよくわからなくて、さっきまで大龍寺に行っていて、聞いてまいりました。

なんと!お寺まで行かれたのか…大変申し訳ないことをしてしまった…。ここで色々お聞きする。合わせて「修法ヶ原」の読み方についても経緯を聞いてみました。

確認できた内容

1.「だいりゅうじ」について:路線開設当初からの名前で、通称として使われていた「だいりゅうじ」という読み方を踏襲したとのこと。(ローマ字のDairyuji Templeは外国人向けにはどうなんだろう…とは思う) 竜は略字で使っている。

2.「しょうがはら」というアナウンスについて:これは職員さんは把握しておられなかったようす。営業所に確認してみます、とのこと。

これからの展開

神戸市営バスとして1930年代から残る歴史ある25系統。停留所の名前についてはそれぞれの時代で考えられて付けられたものだろうし、通称を使うっていうものむしろ好き。

職員さん
お役所仕事ってわけではないんですが、年度中の変更などはできないと思います。改めて確認して検討してみます。ご意見ありがとうございます。
とのこと。なんだか親しみを感じる方だなぁ。

「JR三ノ宮駅」の名前などについても度々話題になって賛成・反対あるけど、歴史は大事にしていきたいなと思う。(正味微妙なのは車内アナウンスが「たいりゅうじ」と言っていることだけ。) 今回は経緯が知りたかったもので、来年度もし名称が変わってしまったら気まずい気もする。でも、それも歴史の1つになるのかな。

※神戸市バス25系統の運行期間は4月1日から11月30日の土曜日、日曜日・祝日のみ。本数は限られているので注意したい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  4. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  2. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  3. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  5. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。

ピックアップ記事

  1. 桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  2. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  3. 菊水第2ルンゼ(仮称)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。…
  4. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  5. 鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大…
PAGE TOP