仙人谷から洞川湖へ。天王ダムを見学して菊水山周遊路を経て鈴蘭台駅へ至る。

2016年7月31日日曜日。今日は朝からヒゲ脱毛。妻の実家に山梨県産の桃が届いたらしい。いただきに伺う。というわけで、今日も初めての道を歩いて北区へ向かう。


13:12 神戸市バス25系統「中山手三丁目」バス停に来た。次の便は13:25。しばらく待つ。ところでこのみすぼらしいバス停。「神戸市営バス」とある(現在は「神戸市バス」)。中山手三丁目の文字も消えかけている。メンテナンスはどうなっているのか。妙に抑揚の付いた車内アナウンスを聞きながら、再度公園で下車した。修法ヶ原池の湖畔を進む。


茶屋「森の四季」を通過して仙人谷入口道標。ここから歩くのは初めてかも。すぐに三股。「洞川(どうがわ)教育キャンプ場」看板が示す中央の下り道を進む。

とても歩きやすい石畳がちょっと間続く。2分岐、右側の道を進み洞川湖の西を進む。


洞川砂防ダムのダム湖ということが良く分かる。釣り客などもいらっしゃるけれど…水質は悪く見えた。仙人橋の西に出て、舗装路を西へ下っていく。


新神戸トンネル「二軒茶屋換気所」が見えてくる。再度東谷にも同様のものがあるけど、全貌が見えるこちら。土台部分は案外大きいんだなぁ。


左手には大阪瓦斯 北神戸供給所のガスタンク。


下って右手には神戸変電所の巨大な施設。この道路脇には色々あって面白い。さらに下る。


洞川西に来た。この右手あたりにかつて「二軒茶屋」があって、地名に残っているのかな。痕跡の有無、周囲を隈なく見てみれば良かった。また今度。左、南に下る。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Twitter

最近のコメント