国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録のまとめ方修正版。

2016年7月5日「山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使いたい。」というお題で投稿したんだけど、結論はモヤモヤしていた。

そのときの投稿記事はこちら

色々試した結果、今回ある程度ゴールらしきものが見えてきた。国土地理院のWEB地図にkmlファイルを読み込み、HTMLで保存するまでは前回と同じ。今回は<iframe>で画面に表示させるようにしてみた。

環境について

GPS:Androidアプリ「山旅ロガーGOLD」 測定モード:徒歩15m
その他スマホ使用アプリ:地図ロイド、GPXフォトサーチGOLDなど
MacOS X Yosemite kml、html編集アプリ:CotEditor.app

インラインで表示させる

まずは前回のおさらいも含めて下準備。電子国土Webのページに行き山旅ロガーで記録したkml完全データを読み込んで、HTML保存。htmlファイルをサーバーにアップ。以下のタグを記事内に挿入する。

< iframe src=”http://muscleturtle.jp/wp-content/uploads/2016/10/gsi20161004152245992.html” width=”100%” height=”560″ frameborder=”0″ marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no”> ※<の後ろのスペース要削除

するとこのように表示される。スマホ表示は縦長に表示するように調整している。※これは以前やった方法。

しかし、これ…電子国土Webにkmlファイルを読み込んだだけなので、アイコンが赤いデカ丸でルートとしてわかりにくいのが玉に瑕。※ロガーの書き出し時にアイコンの大きさ、種類が選べたらいいのに…。この記事へいただいたコメントから、この先の行程を変えてみることにする。スマホから書き出すデータをそもそも変える。

screenshot_20161004-145603
書き出せるデータの種類は4種類。そのうち2つ「KML(時刻なし. LineString)」「KML(完全データ)」をパソコンに転送。
screenshot_20161004-145625
KML(時刻なし. LineString)は書き出し時にカラーが選択できるのがうれしい。

先程の完全データを読み込んだWEB地図にさらにKML時刻なし版を重ねて読み込む。このデフォルトのズームではややわかりにくいけど、この時点は下に水色の線(LineString)が描かれている。※KML(時刻付き)はそのままでは読み込めなかったが、編集すれば可能。それはまた別のときにでも。

一手間加えよう

上記にある作図データをHTML保存し、そこからPCでの作業。保存したHTMLをCotEditor.appで開いて編集していく。

ss2016-10-04-15-32-40
スマホから書き出したときにはicon styleに関わる項目がなかったものの、htmlには該当箇所が見られた。20px×20pxのアイコンだ。これを半分の10pxに全て置換する。※ラインの太さについて:水色(#00fffa)のラインのweightが4とあるところを2とかに減らせば細い線になる。まぁデフォルト4のままで良いと思う。

ss2016-10-04-15-34-10
合わせて気に入らない赤丸のアイコンをこれも一括で変換する。電子国土Web内のアイコンを右クリックで「検証」するとファイル名はわかるので、任意で決める。ここでは末尾080.pngを088.pngの赤い四角に変えてみた。表示結果はコレ。さらにもう少し詰めていく。

  1. yamamichi masao

    同じようなことをしようとしておられるのかな、と思ってコメントしました。
    国土地理院の許可を得て私もこのように、トレッキングルートを表示しています、
    もともと、パノラマ写真の撮影ポイントを調査するために、尾根歩きが主体でしたが、だんだん谷にも降りることになりました。
    ルート図は
    http://yamamichi.no-ip.com/portalnext/gsimaps1.html?lat=34.753&lon=135.2347&zoom=15&url=gsi混合Data1.kml
    このように表現しています。
    DataはGarminをカシミールに読ませ、カシミールでKmlファイルを出力し、kmlファイルをエディターで加工し、htmlファイルに組み込んでいます。

    • MuscleTurtle

      山道さん こんにちは。

      「同じような」だなんてとんでもない!私はるか下です…。
      ルート図、これとても良いですね。
      美しい展望のパノラマ写真、トイレポイント、ルート、地域分けetc.私がやりたかったこと全部盛り!
      エディターでの加工、積み重ねの賜物ですね。

      私のような付け焼き刃ではとても真似できません。大いに参考になりました。
      最近は山行の日記的な記事の最後にちょこっとルート図を載せる程度で
      すっかり「まとめ」は疎かになっています。
      ちょっとお聞きしたいことなどもありますので、改めて。

  2. 山道正男

    あなたの「六甲トレッキング」のルートDataが一括ダウンロードが可能でした。ダウンロードし。一部改変し、私のサイトの
    http://yamamichi.no-ip.com/portalnext/test/gsimaps22.html?lat=34.655&lon=135.110&zoom=15&url=gsi1須磨Data.kml  ここに入れてみました。このページの一番下の「」六甲トレッキングをクリックし
    2015-05-24 摩耶山東 カスケードバレイ(杣谷道)~寒谷~掬星台  のルートをマウスでクリックしてみてください。

    地図上で表現をどうするかの事例です。写真は寒谷のものではないようです,どこから取ったか忘れました。
    地図の基本はどこからダウンロードしたのか、忘れまはした、67〜年前に国土地理院関連からダウンロートしたはずです。
    600近くの一括Dataはお返しします。メールアドレスを山道あてお送りください。

CAPTCHA


Twitter

最近のコメント