住吉・芦屋

, , , コメント: 4

坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山道で山上駅まで。

dsc_0240
14:42 この道はもうほとんど歩かれなくなっていると思われる。鉄塔を過ぎて登るに連れて藪化が激しい。コンクリ鉄塔から坊主山鉄塔区間は林業関係以外では廃道になっていくかも。

dsc_0243
たまに現れるトラテープにホッとする始末。

dsc_0254
伐採されて明るくなっている地点を抜けていく。踏み跡は薄く、下る場合は迷いそう。

dsc_0259
平坦な場所を進んでいくと右手に大きなヌタ場があってその先で道が消えている。そして左手に尾根がある。斜上して尾根に乗る。

dsc_0273
尾根に乗って進むもこんな展開。蜘蛛の巣や藪に悩まされる展開。

dsc_0279
防虫用で保護されていると思われる木々。これはどうしたわけだろう。この先どんどん藪が濃くなってきて、結果道をロスト。迷わず進むのが難しい。

dsc_0304藪の中を進むと先に茶色鉄塔が見える。GPSを見る限りもうすぐ坊主山山頂だ。鉄塔を目印に藪を掻き分けて進む。鉄塔の西側には踏み跡が続いていてその踏み跡に飛び出す。どこで道を外したんだろう…。鉄塔から左折するとすぐ坊主山山頂だ。

dsc_0314
376m。展望はない。三角点もないのかな?見てみたけど見つけられなかった。さて、まだ半分。もう少し登ろう。

ページ:
1 2 3

4

5

コメント

    • 太助
    • 2016年 11月 13日

    こんにちは 初コメ失礼します。
    いつも楽しみに拝見させていただいております。
    字名の滝ノ奥のことですが、私も以前から気になっており色々調べていたのですが、最近こちらで公開していただいている六甲摩耶再度山路図を拝見させていただいたところ、現在の鶴甲2丁目のバス停のあたりに「赤滝跡」という記載を見つけました。
    もしかするとそれが字名の起源なのではないのか?と考えているのですが…
    それにしても、跡となっても地図上に載るような滝の姿とはどのようなものだったのでしょうか…気になります。
    コメント失礼しました。

  1. 太助さん 初めまして こんにちは。

    滝の「跡」っていうのも不思議なものですね。滝というからには5m以上はありそうなもんです。水害などで滝がなくなるイメージもあまりないですし、なにかしらで形を変えて滝跡となってもそれなりのものが残りそう。
    一王谷を歩いたときの印象では鶴甲南バス停の東辺りがいかにも滝がありそうな険しい雰囲気でした。現在では堰堤などがあって滝はありませんでしたが。
    しかしどちらにせよ、赤滝なる滝は「滝ノ奥」よりさらに奥=北側。滝ノ前とかならわかるのですが。
    図書館とかで(関連書籍でもあれば)また見てみようと思います。

    • 太助
    • 2016年 11月 15日

    こんばんわ 返信ありがとうございます。
    そうですね、滝跡が残りにくいのは、砂防工事の進んだ六甲山ではむずかしいのでしょうね…
    そうでしたか…むかしの様子がとても気になりますね…
    こういったことがあると開発前の六甲山を歩いてみたいという哀惜にかられます…
    確かに地図で見てみるとそのとおりですね…私も更に考察していこうとおもいます。
    今後の記事も楽しみにさせていただきます。

    • こんばんは!

      コメントをいただいて、改めて思い出しました。
      有馬にある鼓ヶ滝はかつては段瀑で阪神大水害で崩れて今の姿になったという話。
      大きな石が積まれていて今はまるでダムのよう。
      長峰山にある岩ヶ谷の最初の滝もダム工事で姿が消えました。
      ダム工事はもとより水害で大きく滝が姿を変えてしまうことも往々にしてあるんでしょうね。
      岩質がそもそも脆いという特性も影響しているのでしょう。
      「開発前の六甲山を歩いてみたいという哀惜」…本当に。

      かつての六甲の美しい谷や見晴らしの良い尾根に想いを馳せながら地道に山歩きを続けたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  3. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  3. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  4. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  5. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…

ピックアップ記事

  1. 石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台…
  2. 廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  3. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  4. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  5. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…

LINE@はじめてみました

PAGE TOP