摩耶

, コメント: 2

三社権現跡から八十八ヵ所窟尾根コース。赤松公の碑から老婆谷中俣源頭部に至る。


尾根の上に立派な廃屋がある。西面は上野道からも見えるんだけど、東面は見たことがない。どうなっているんだろう?ってことで右に回り込んでいく。


東面の1階部分の壁は妙なくらい綺麗。2階部分は上野道から見た1階にあたる。


何かしら名称を示すものはないかと探るも発見できず。ここはメインの2階部分。中はひどくゴミが散乱している。1階にはローソンのビニール袋なども見えた。宿泊もできる施設だったように思う。

ここの斜面にはゴミや廃屋などが散乱している。ここの少し上にある「摩耶花壇/遺跡」の説明板によると「1960年前後に木造洋館を解体し、その廃材利用で南斜面には数軒のバンガロー、参道沿いには茶店風の売店を設け、同名の「摩耶花壇」と称したが、今やこれも朽ちつつある。」ということだ。あの“立派な廃屋”がもしかしてその茶店風の売店=摩耶花壇?そしてこれらの廃屋などが数軒のバンガローだろうか。

摩耶花壇跡地あたりに来た。その西側の小高い場所はやや広い敷地になっている。かつて何があったのか。一角には陶器が散乱。「ORIENTAL CERAMIC WORKS LTD」とあるのでTOTOのトイレなのかな。一定の価値がありそうにも思うが、こうして放置されていることを思えばやはりゴミレベルなのかも。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. MuscleTurtleさん、こんばんは。
    こちらには初めて書き込みさせて頂きます。

    貴サイト、いつも楽しく拝見しています。
    足の方、随分良くなられたようでなによりです。

    本記事にありました、五鬼城展望公園ですが、
    かつて、今回登られた上野道の登山口に案内図がありました。
    ご参考までに。

    http://tokiwatrekking.web.fc2.com/page_tozanguchi/t_mayasonota.htm#gokishiro

    • Tokiwaさん! こんばんは!

      コメントいただけるなんて…ありがとうございます。
      山登りを始めてから、ず〜っと参考にさせていただいています。FBも!

      案内図、そして写真などなど改めて拝見しました。
      楽生公園までも含まれるのですね。あじさい公園は範囲外と…。
      展望広場Cは比べるとボロっちくなっていました。

      たしか前歩いたとき、Cコースの案内板が十三町石の脇に転がっていましたが、
      AとBも案内板があったりするのですかね。

      それにしてもこの山域、天狗道の先人窟や摩耶史跡公園の杉、黒岩尾根の由来の岩は?
      奥摩耶遊園探訪、水道施設群などなど、興味は尽きません。

      足元も良くなってきたので、いろいろ歩いていこうと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.82-98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区…
  2. 神戸市境界石No.72-77 平野谷西尾根から極楽谷経由で再…
  3. ハーブ園山頂駅からビクトリヤ谷。天狗峡残骸を確認し、高雄山管…
  4. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  5. 神戸市境界石No.116-87 県立美術館を起点に青谷道、東…

ナレッジ記事

  1. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  2. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  5. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…

ピックアップ記事

  1. 布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  2. 裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左…
  3. Tenseien-Path 天清園道・菊水山・城ヶ越・神戸ア…
  4. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  5. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
PAGE TOP