地蔵谷についての下調べ。

新シリーズ2回目の山行として地蔵谷に行くことにした。地蔵谷は改めてブログの記事にする必要性があるかはさておき、シリーズ的には歩いてみようと思った。その前に下調べしておく。

Jizo Valley

1918年大正7年4月の「神戸市背山路圖 KOBE HILL MAP」では廃道とされている地蔵谷=Jizo Valley。なぜに廃道になっていたんだろう?そしてなぜ地蔵谷というのだろう。結論から言えば、歩いてみてもそれはわからなかった。何せ情報が古すぎる。

神戸古今對照地圖


神戸古今對照地圖では「字地藏谷」とある。地名なんだなぁ。経験則ではあるけど、大体こうした谷の名前は谷の入口あたりにあるものが由来になっていると思う。

六甲摩耶再度山路図


これは「六甲摩耶再度山路図」。昔の地図が手元にいくつかあるんだけど、そのどれもが「地蔵谷」といえば中間地点の右俣から天狗道の560mピークへ向かうように破線が描かれている。この地図で見るともう一つの「小径」として、現在でいう地蔵谷第四堰堤の先にある三俣の中俣を進んで”現在”の黒岩尾根に合流するように描かれている。ちなみにこの地図の黒岩尾根は桜谷西尾根の659mピークを通過するようになっているのも興味深い。それにしても異彩を放つ「ビクトリヤ谷」。この名前の由来も気になるところではあるけれど。
もう一つ、「六甲山の地名と登路」には生田川、地蔵谷出合いに「市ヶ原池」という名前が出てくる。この池いつ頃なくなってしまったのか…興味は尽きない。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Twitter

最近のコメント