摩耶

, , , コメント: 0

摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北の谷を下り水道管谷を登る。


谷沿いにこのような構造物が続く。川を堰き止めているんだし、規模からしても私設とも思えない。管が伸びる方向に摩耶接合井があることからも摩耶ポンプ場と同年代かやや前のものかと思われる。しかし神戸市水道局がこの施設について把握していないのが謎。どう見ても水道施設だし。


一旦水を溜めて置くような瓶のような構造物があった。


中を覗いて見るものの、土砂で埋められていた。これは意図的に埋められたように見える。なんなんだ一体。


谷からは数メートル離れた斜面を進んでいる。


支柱が見られなくなり、なんとなく踏み跡に思える場所を進む。これまで歩けていなかった破線道を進んでいるかたち。


土中からパイプが現れた。支柱に支えられている地点と埋められている地点があるようだ。


揚水管?の構造がわかる画像。繊維状のものはそれほど傷んでいないように見える。


おそらく足元を管が走っていると思う。こんな道があったんだなぁ。なかなか摩耶山は歩ききれそうにない。まだまだ道がありそう。


ほんのわずか、管が顔を見せるものの、すぐに土の中に消えてしまう。


笹原を抜けていく。一応先程見えた管から直線的に進んでいるつもりも…どこにもそれらしいものは見えず。とにかく進む。

徳川道に交わる。写真は東西に伸びる徳川道から南を写している。このまままっすぐ登る。進んだ先はぐちゃぐちゃの谷状。


やがて谷筋は斜面に消えてしまった…が踏み跡のようなものが続いていたのでそこを登っていく。


ドライブウェイが見えてきたところで土中から管が再び姿を現す。地図を見ると摩耶接合井=現在の摩耶減圧槽と表示のある施設に続いているようす。


土から出ている辺りは管がネジ曲がっている。ちなみに水道局によると摩耶減圧槽は「減圧槽」と明示があるものの役割は配水槽らしい。遠く千苅ダムから奥山川ポンプ場、シラケ谷を経て摩耶山、そしてケーブル虹の駅まで続いている壮大な送水管。


DWに出て掬星台方面に進んでいく。水道管尾根=桜谷北尾根の取付き地点まで戻ってきた。


さらにDWを進んで掬星台。ロープウェーに乗ろうと思うも混雑。汗をかいた身では肩身が狭い。というわけで今日も上野道で下山。
水道管の谷は神戸市水道局も把握していないようだし、水道史にも載っていない。一体なんなんだろう?今日は出だしから予定が狂ったけど、水道管尾根下り、水道管谷登りでなかなか楽しめたかも。三枚岩はまたいつか行ってみようと思う。

今日歩いた軌跡

ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. ハーブ園山頂駅からビクトリヤ谷。天狗峡残骸を確認し、高雄山管…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  4. 神戸市境界石No.82-98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区…
  5. 神戸市境界石No.72-77 平野谷西尾根から極楽谷経由で再…

ナレッジ記事

  1. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  2. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  3. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  4. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」 上野道を下る。
  5. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…

ピックアップ記事

  1. 裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左…
  2. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  3. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  4. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  5. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
PAGE TOP