杣谷川支流貧乏川を登る。尾根を下って貧乏川支流を登り返してマヤカン。

2017年4月30日 日曜日。10:30起床。今日は三枚岩へ行ってみようと思っていたんだけど、2系統のバスに乗ってる内に気が変わった。神戸市灘区の珍名川の1つ、貧乏川を歩いてみようと思う。ついでにその支流の谷も歩いておこう。


神戸市バス2系統「五毛」で下車し、南下。ここは杣谷川(左)と六甲川(右)が交わる地点。ここをスタート地点として杣谷川沿いの道路を北上する。


下岡橋、第一篠原中町橋、上岡橋の順に通過してきた。無名の橋を渡り、左岸の道に移動する。


中島橋の下に来た。杣谷川に流れ込んでいる、これが貧乏川。ここに終点の杭があるはずなんだけど、藪に隠れて確認できない。水量は意外にも多め。


一旦下流へ戻り、右岸の灌木地帯を進んでいく。


見たかったのがこれ。「準用河川 貧乏川」の終点杭。やや剥げ気味…。さて貧乏川を追う。


中島橋から西向き。貧乏川はこの道路の下を走っていると思う。


2年前に貧乏川を遡行したことがあった。その時は水量はほとんどなかった。終点であれほどに水量が多いのは謎なんだけど、その理由は多分これ。道路の北側に「灘中層ポンプ場」がある。ここから排水されているんだと思う。


道路には「神戸市水道局 バルブ室」のマンホールがあった。


ここは神戸市バス2系統五毛の西。中島橋から道路の下を通って、ここで顔を出す。


貧乏川は住宅地を縫うように走っている。コンクリの川床に下りて進む。進んだ先で祠があった。さらに上流へ進んでいく。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Twitter

最近のコメント