須磨・長田

コメント: 0

塩屋周回。旗振山西尾根から須磨浦山上遊園。句碑の細道を南に下って旧縦走路へ登り返す。

2017年6月25日 日曜日。11:00起床。外は雨模様。梅雨らしいジメジメした感じ。昨日の山行で疲れたので、たまにはのんびりしようかと思っていたら昼過ぎに雨があがった。というわけで今日も山に行く。今日は塩屋あたりを歩いてみようと思う。


14:14 山陽塩屋で下車。奥に見える山がこれから登る旗振山の西に伸びる尾根。六甲山系の末端といって良いかと思う。駅を出て東へ道なりに進む。


この先行きどまり案内があった。GPSを見ながらここを左に行ってしまう…。行き着いた先は宗教法人の土地らしく立入禁止。破線道を辿れず。またここに戻ってきて、右奥に進んでいく。


細い路地を抜けて行くと西向地蔵尊。この先は2本のコンクリ階段になっていて、左側が長谷ハイツへ、右側が山道に続いている。


早速分岐か?と思ったらこの分かれ道は先で合流していた。合流地点から北へ進路をとる。すぐまた分岐。尾根っぽい方と水平道。ここは水平道を進む。左手に廃屋らしきものがあった。


数メートル進んで左手。警告板があった。ここら辺りは「宗教法人世界救世教」の所有地とのこと。先程の分岐を尾根っぽい方に進むと敷地内に入ってしまうんだと思う。水平道で正解。


振り返って。写真の左奥から登ってきた。中央の幹にはどちらへ下っても「しおやえき」と私設と思われる標識が掲げてあった。右奥は法人の所有地に入ると思う。さて、翻って旗振山西尾根を進む。


よく整備されている道を進むと旧縦走路に出合う。六甲全山縦走路の道標もある。ここから右奥へ進んでいく。※ここには後でもう一回戻ってくることになる。


P179mには杭とケルン的な石積み。特にこれといった特筆事項もなく通過する。少し先に破線道の分岐があった。のちほど下る。


一箇所開けた地点があって、そこからは須磨浦山上遊園の観光リフトなどが見えた。


道なりに進んでいくと須磨浦山上遊園に入るかたち。ふんすいランドの脇を抜ける。縦走路は通しで歩いたことはないし、歴史もそんなに知らない。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.116-87 県立美術館を起点に青谷道、東…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.82-98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区…
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…

ナレッジ記事

  1. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  2. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  3. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  5. 菊水山周辺についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  2. 北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅…
  3. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  4. 古道山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園…
  5. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
PAGE TOP