長峰

, , , コメント: 2

昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。


雑草地点はわずかな部分でその先でしっかりした道が現れる。


どうも一部は新しいアスファルトにも見える。う〜ん、これはどういうわけだろう。


基本的にはこのような滑り止めと言える溝がある構造になっている。

石ころに覆われた道に水が流れている。どうやら山際から滲み出ているようす。進むとヘアピン地点。この部分もなんだか新しく見える。ここはまぁまぁ広い展開点とも言えそうな場所。


道は蛇行しながら登っていく。これぞ廃道!といった風情にちょっとテンションが上がる。


この写真の部分が一番過去の形を留めているんじゃないだろうか。こんな急勾配の道を古い車が登るのは大変だっただろう。エンストも頻繁に起こっていたみたい。

謎の杭が転がっていた。裏返すとザッと蟻が這い出してきて怯む。その先は再び落葉に覆われた道となる。右下には六甲滝が見えている。


奥に山田堰堤が見える地点に橋がある。これはしっかり残っているんだなぁ、なんだか新しくも見えるけど。


砂利道ライクなところを登っていくと「表六甲0.7」の地点で現在のドライブウェイと合流する形になる。道はヘアピン状に曲がっている。


進んで「表六甲0.8」地点。山羊戸渡を登った方なら見慣れた場所かと思う。ここからもう少し旧表六甲ドライブウェイは続く。

旧道の残骸らしき板状の構造物の他、謎の四角形の構造物もある。用途は不明。山羊戸渡の取付きなどを左手に見ながら左岸を進んでいく。


左に石積みの堰堤が見える。この先にも堰堤が控えている。山脇副堰堤とその主堰堤。

副堰堤の際には残骸が。主堰堤はなかなか大きく左岸から越えるのは困難だった。


堰堤巻きは通常右岸。高巻き過ぎて谷に戻るのに一苦労…どうにか堆砂地。ここは結構荒れている。ここは左岸に道路跡が見られた。写真の暗いところには株立ちの立派な木。進んだ先の左岸の浅い谷筋の谷止は底が抜けていつか崩れそう。さて上流へ進む。

ページ:
1

2

3 4

コメント

    • 長峰大好き
    • 2017年 9月 25日

    おはようございます!
    六甲堰堤内を走るライダー、別人かもしれませんがこの一帯の右岸を登り降りしていた何年か前に会っていますが北から入り込むためにチェーンソーで倒木を切り開いたとか(ええのんか‥)

    今回の核心部のレポは楽しかったなあ!普段の難滝クリアのスキルが遺憾なく発揮されていますね
    これひょっとしてハムさんがサウスロード下の岩場と呼んでいた所かしら、違っていたらすみません。六甲小槍って言うんですね
    私もラクしてDW経由で少し通っていたのですが当時(今は?)崩落工事中でガードマンとの道路側から入る交渉が億劫で尻切れトンポ。
    Muscleさんの記事拝読して冬になったらまた行きたくなりました。

  1. 長峰大好きさん こんにちは!

    堰堤内のあれ、ライダーがいるんですねぇ。チェーンソーとか本格的ですね(いかんでしょ‥)

    まさにハムさんが行ったところです。
    ともに南リッジと言えそうな方から登られたかと思います。
    昨日気になったテーブル状はピナクルのあたりですかね。
    岩が割れた話もありましたので、そちらには行かず。

    六甲小槍は部内固有の名称だと思いますので、呼称はまぁそれぞれで。
    しかしせっかくなのでそう呼ぼうと思います。

    核心部は安全な方、安全な方へと上がりました。
    基本が怖がりなので、1人での岩登りは向いていないなぁとつくづく思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.82-98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区…
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  4. 神戸市境界石No.116-87 県立美術館を起点に青谷道、東…
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…

ナレッジ記事

  1. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  2. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  3. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…
  4. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  5. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…

ピックアップ記事

  1. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  2. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  3. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  4. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  5. 仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登…
PAGE TOP