長峰

, , , コメント: 2

日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを下る。


無残に崩れてしまった吊橋が転がっている。右手の斜面にもその残骸。山の中の人工物って作るだけ作って、こうして壊れても回収されないのが常。


余計なことを考えたりしながら谷を進む。と、奥に治山ダムが現れる。右から巻くことにした。


ダムの左岸袖部分からフェンスに覆われていて、谷に戻れなくなってしまう…。


周辺にはこのようなコンクリ杭がある。ということは六甲山牧場との境界。谷に戻るのは諦めざるを得ない。


フェンス沿いに斜面を進むとドライブウェイに追い出されてしまった…。手厳しい。


ドライブウェイを少し進んで奥摩耶第二橋。この上流が日没東谷の続きだと思われる。水量もまぁまぁあるので行ってみよう。


この区間はドライブウェイとドライブウェイに挟まれた谷筋でまったく期待していなかったものの、案外しっかり谷の顔。


こんな滝に出会えるとは想像だにしなかったのでちょっぴり嬉しい。ヌメリも少なく滑りにくい。適当に登る。


滝の上は滑になっていて、その先に治山ダム。左から越える。さらにもう1基越える。その先で谷が左に曲がって詰めへ。


謎の人工物。う〜ん、どこから転がってきたんだろう。


最終地点手前でもまだこんな感じ。最後の方まで割りと楽しませてもらえる展開が嬉しい。


ドライブウェイの下なので当然このようなゴミも散らかっていた。わかっちゃいるけど悲しいなぁ。奥には最後の小滝が控えていた。


最後の小滝を越えて、谷を詰めに詰めた結果がこちら。なんだかなぁ。なんなんだろうなぁ。道路をくぐって上流側は個人宅になっているのでこれ以上谷筋を追うことは不可能。


谷の水源であろう三国池。一応今日のゴール地点はここ。閉鎖前に一度来てみたかった。閉鎖に至った経緯などはこちらのブログで紹介されている。さて帰り道へ。

ページ:
1

2

3

コメント

    • ラムちゃんと月
    • 2017年 11月 05日

    シェール槍は日没岩と言うんですね。知りませんでした。
    日没岩の方が趣があっていい呼び名ですね。

    前から上まで登ってみたいと思いつつ、
    後半の岩場がラムちゃんに登れないのでは?と
    ちゃんとトライしたことがありません。
    Muscleさんの見立てではどうでしょ?
    ラムちゃん行けそうですか?笑

    そうそう!
    例のふたまたの杉の巨木、上からだったら行けそうですね。
    そのうちトライしてみたいと思います。

    3日連続の山行、お疲れさまでした。
    おやすみなさい・・・

    • 月さん こんばんは!

      名称について日没岩かどうか、ほぼ間違いないと思っているのですが。
      個人的にはサンセットロックでもよいのでは?と思います。子供っぽいか。

      シェール槍直下、頂部に至る手前がやや急ですが、右から巻くことも可能ですし、ほんの僅かな部分ですからなんなら抱っこしても行けるかと思います。実際行ったとして、なーんだ!楽勝じゃんってなると思います。

      巨木、私が行ったルートで上から下ると灌木地帯が少しあるので、リードの操作に難儀する面もあるかもしれませんが、見立て?では問題ないと思います。傾斜も普通レベルですが、くれぐれもご注意ください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。

ナレッジ記事

  1. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  2. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  3. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  4. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  2. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  3. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  4. 西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極…
  5. 西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。

LINE@はじめてみました

PAGE TOP