見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。

2017年12月2日 土曜日。7:30起床。11月の頭からずっと膝が痛いので近場のクリニックへ。診断の結果は分裂膝蓋骨。なんだ先天的なものか(最初から膝のお皿が割れているわけで、それはそれで問題なんだけど)…靭帯、軟骨ともに問題はないとのこと。というわけで山へ行くことにした。ここしばらくはまともに山へ行っていないので、リハビリ的に変なところへ行ってみようと思う。


13時過ぎに阪急宝塚駅で下車し宝来橋を渡る。写真中央あたりに見えるのが見返り岩。中央やや左に川へ下る道があるのでそこから武庫川右岸のコンクリ道に下ることにした。


道路を離れて右岸の道を進んでいくと、丁字ヶ滝川を挟んで見返り岩がある。こうして見ると案外小さな岩なんだなぁと思った。

一応基部を一通り回り込んでみる。3枚目のフェイスが一番険しそう。登ろうと思えばいけるかな?


しかし確信が持てず一番登りやすそうな南東面から登る安易な展開。棘がちょっと気になるもののさほど問題なく登れる。


見返り岩の天辺に来た。意外な高度感に登ったことを後悔してしまう。今日は気休め程度のロープの長さ。どこから下ろうか…。


川側に比べると道路側は比較的楽そうな地点があった。下った地点はフェンスがある場所。そこからの往来なら問題なさそう。


下りきった地点がここ。この地点は少々狭くなっていて、片側交互通行になっている。


さて、見返り岩の北側に来た(写真は振り返って撮影)。右手は建設業者の資材置場というか、作業場になっている。


敷地の北側から何やら音が聞こえるので行ってみた。


道路から分け入るとすぐに初見の滝。こんな滝があったのかぁ…デカイ!少々驚いた。名前はないようす。何やら照明の類もあったりするのが少々謎。


道路側へ戻る。これがその滝の下流…道路脇の側溝に流れ込んでいる。なんだか残念な滝だ。このあと少し北上し観音橋などを確認して見返り岩方面に戻っていく。今日のメインはそこにある。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Twitter

最近のコメント