西宮・宝塚

, , コメント: 0

見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。


大きな岩がある地点を過ぎると本流側にも良い感じのゴルジュが現れる。しかしその先は壁になっているように見える。


ごく短いゴルジュを抜けると直角に曲がって斜瀑。5mほどか。右側にかかる枝を落として、それを頼りに下段をごぼうで登る。まぁ枝がなくてもなんとかなるとは思う。


滝を越えて上流へ進むと甲子園大学の立入禁止看板があった。こんなところから入る人がいるんだろうか?


小滝を越えて、もう1つ甲子園大学の立入禁止看板を過ぎると狭まった4m滝が現れた。やっかいだ。巻くのも選択肢だけど、この程度は落ちても大丈夫だろう。というわけで直登を試みる。ホールドスタンスとも危うげ…なんとか登る。


さらに進むとピタゴラスイッチ的な取水設備。なかなか大きな滝だ。


下段は備え付けの梯子を遠慮なく使い登る。


中段から先は傾斜はまだマシなもののホールドは少ない。登る意味なんてないわけだけど、一応リハビリ的要素もあるので登る。


上段は乾いている左に逃げた。上段の直登は、ツルツルしているし難しいんじゃないかなぁと思う。


進むと植林エリアになっていて、しばらくで流れは斜面に消える。詰めの展開。


無名の尾根に乗ったここが本日のゴールといったところか。この尾根の反対側に下ると塩尾寺から続く舗装路に出る。そのまま帰るのも選択肢…蛇足的ではあるけれどもう少し歩いておこうと思う。この先は下調べをしていないし、完全なノリ。


塩尾寺を過ぎて岩倉山方面へ進んですぐ。右手の水平道に入ってみる。その先は鉄塔巡視路につながっていて、生瀬方面へ下っていく。


新神戸線ニニ鉄塔が見えるあたりは伐採されていてパノラマ道になっている。大峰山はなかなか良い感じだなぁ。正面奥に見える三角帽子の山はいつか登ってみたいなぁ。


下っていくと舗装路的な道に出合う。左に行けば良かったんだけど、ショートカット的に右に進んでしまった。その先は「私有地立入禁止フェンス」があった。こういう場合はしようがないのでごめんなさいして通過する。やはりノリで行くのは良くないな。


ウィルキンソン工場跡にも行ってみたかったんだけど、ここは行ったらダメみたいなのでやめることにした。また下から行ってみようと思う。


宝生ヶ丘を抜けて観音橋を渡って宝塚市へ。今日は生瀬高台へ抜ける地点が良くなかったけど、そんなときもある。丁字谷はほとんど期待はしていなかったけど、意外にも素敵な滝があって行ってみて良かった。
話は戻るけど分裂膝蓋骨、楽観的なMuscleではあるけれど、そう長くはハードな山歩きはできないな…無念だ。

参考サイト(敬称略)
くるまみち
ゲバゲバ

今日歩いた軌跡

ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…

ナレッジ記事

  1. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  2. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  3. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  4. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  5. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…

ピックアップ記事

  1. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  2. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  3. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  4. 布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
  5. 天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根…

LINE@はじめてみました

PAGE TOP