長峰

, , , コメント: 2

長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚へ。

2018年1月7日 日曜日。11:12起床。昨日は14:15に起床して山に行けなかった。今日も遅いわけだけどまだマシ。山に行こう。年の始めは摩耶山に行ったので「こちらにもご挨拶」ってわけで長峰山天狗塚に行くことにした。家を出たのは13:00過ぎ。阪急六甲で下車。


後に予定が控えていて少し遅いこともあって、阪急六甲から阪急タクシーを利用することにした。タクシーに乗ってから気づいたんだけど、ハーフパンツを履いていない…。通常冬はワコールのCW-Xの上にもう1つスパッツ、そしてハーフパンツを履いている。それを履いていないので妙にセクシーな感じになってしまって項垂れる。今更帰るわけにもいかないので今日は下半身がかなり恥ずかしい状態で臨まざるをえない…。


13:35 登山口と言える場所まで送ってもらった。ここまで1,400円。なんという無駄金だろう。そしてアプローチを端折ったわけで準備運動が足りていない…まぁいいか。


ドライブウェイから少し入ると右から六甲川、山羊戸渡、西谷の分岐。ほんの少しだけどストレッチを済ませ西谷に入る。堰堤を2基越えた先に今日登る谷筋がある。股間が少々寒々しい。


2基目のダムの堆砂地を過ぎると本流に黒く光る壁のような滝がある。手前の左から流れ込んでいる岩屑が今日登る谷。


一部岩盤が露出したナメ状を進むとすぐに分岐がある。去年の夏はノリで左俣へ行った。今日は天狗塚に直上すべく右の谷筋を選択。倒木を分けながら進む。


倒木地帯を抜けて進むとすぐにガレ場。中段と言えそうな場所には倒木が見える。そこまでは容易に進んでいける。


下段は岩盤が露出したナメ状。倒木部分はなんということはない小滝というか段差。しかしその先は若干険しそうに見える。


上段部分。こうして下から見る分にはさほど傾斜はないわけだけど、得てして登って上から見ると思った以上にきつい傾斜であることが常。写真の右手には浅い谷筋があるし、その中間尾根状を登って巻いてもいいんだけど、経験上問題なさそうなので登ることにした。


落ち葉を払いスタンスをしっかり取りながら滝を抜ける部分に至る。こうしてスマホで撮っているんだから、難度はお察しだ。


滝を抜けた先でやや傾斜が緩くなるものの、油断はできず慎重に進む。個人的に久しぶりの感覚でリハビリ的には良いかも。左奥に進んでいく。


右手に山抜けした箇所を見ながらガレを進む。上の方は明るいし、もうすぐこの谷筋もお終いか。所々に明るい茶色の御影石が見られる谷筋を詰めていく。

ページ:

1

2

コメント

    • kurokuwa65
    • 2018年 1月 07日

    こんにちは。
    天狗塚西尾根は偶然にも、本日私も下りました(^^)
    わずか30分ほどこちらが早かったようですが、レコをみて驚きました。
    天狗塚の北側は以前から気になっていましたので、参考にさせて頂きます!
    昼食中のご夫婦はさぞやビックリされたでしょうね(笑)

    • kurokuwa65さん こんばんは〜。

      なんと西尾根下ったのですか!
      今日尾根の途中で男性を追い越したりしましたし、意外に歩いている方は多いんですね。
      天狗塚の北側は場所によりますが短い区間なので手軽ではあります。
      ケーブル下から行くとアプローチが長いですが…。タクシーで端折るのはやりすぎました。

      天狗塚にひょっこり出ても問題なかろうと思ったのですが、まさかの遅いランチタイム遭遇。
      予想外でした。

      天狗塚、長峰山北面は落石を含めて危険なところもあるでしょうから
      行かれる際はくれぐれもお気をつけくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  2. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  3. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  4. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  5. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…

ナレッジ記事

  1. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  2. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  3. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  4. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  5. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…

ピックアップ記事

  1. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  2. 東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を…
  3. 古道山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園…
  4. 葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続き…
  5. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。

LINE@はじめてみました

PAGE TOP