菊水・鍋蓋・再度

, , , コメント: 2

鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。


左俣へ入ってすぐ。非常に滑らかな樋状滝。今ある流れとは別の筋も見られる。ここは傾斜も緩く淡々と登る。


これが左俣のハイライト。岩を大きく穿っている。六甲山系でこれに似た場所ってあるのかな?今までたくさん谷を歩いたけどまだ出会ったことがない。滝と言って良いのかどうかわからないけど、三段構成の滝になっている。せっかくなので登ってみようと思う。


釜を渡って下段はなんなく登れた。そして中段の釜を進んで次。なんかセクシーな感じだな。


中段部分はやや高さがある。苔のフリクションを使おうと思い手を掛けるとズルっと剥がれ、その下にツルッとした岩が現れる。手掛かりがないのでこりゃ登れん。手前右岸の溝を使って巻くことにした。


上段から見下ろす。仮に中段を登っても、この上段の直登は無理なんじゃないかな。釜の深さはそこそこあるので試しに遊んでみたいところではある。


さて上流へ。すっかり濡れてしまったのでじゃぶじゃぶ進むことにする。まだまだ独特の滑が続いていい感じ。


しかしそんな気持ちもあっさり吹き飛ぶ「新地獄谷第二砂防ダム」。右から越える。上流はしばらくガレ場になっている。


再び流れが顔を見せる頃に写真の奥で二俣。左へ行けばすぐに峠。本流は右で、南へ向かっている。


標高400m越えでもまだしっかり水流がある。鍋蓋山は486.1m。

もう大層なものはなかろうと思いきや困難な小滝。流芯左をずりずりしながら登る。上部はヌメッとしていて危ない。


谷筋を忠実にたどっていくと鍋蓋山北面の人工林に行き着く。もう少し谷筋を追う。


標高440m付近。ここで水流が途切れていた。随分と上まで水が流れているんだなぁ。


やがて前方が開ける。鍋蓋北道に合流。せっかくなので山頂に行こう。


帰る場所は星和台。菊水山経由で帰ろうか。どうしようか特に決めずにノリで行くことにした。それがイケなかったかも…。

ページ:
1

2

3

コメント

    • 長峰大好き
    • 2018年 3月 18日

    おはようございます
    知らない谷の無名の滝探索、やっぱり面白いですね、しかも考えて引き返したり次回はロープ準備などMuscleTurtleさんならではのハイレベルな試行錯誤が絡んでくると活劇っぽくて一層楽しい記事になりますね!
    最近摩耶、長峰の記事が減ったかなあと思ってましたので摩耶東谷楽しみです

    • 長峰大好きさん おはようございます!

      12:26起床…。今日は行けそうにありません!
      ハイレベルなんてとんでもないですよ!以前より少しだけ慎重というか及び腰というか逃げ気味…。でも逆にそれで良いのかなとも思ったりしています。ギアの類は下調べで必ず必要な場合以外持っていかないっていうのはよくありませんね。わかっていても「重いし面倒だなぁ」が先に立ってしまいます。あとノリで行くクセですね。

      言われてみればこの2ヶ月、行ってませんね。
      暖かくなり水への抵抗も少なくなってきました。21日は雨予報ですがなんとか1〜2本。木ノ袋谷で行きたいと思うところもあります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  3. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  4. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  5. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…

ナレッジ記事

  1. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  2. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  3. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  4. 地蔵谷についての下調べ。
  5. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…

ピックアップ記事

  1. 仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登…
  2. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  3. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  4. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  5. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。

LINE@はじめてみました

PAGE TOP