菊水・鍋蓋・再度

, , コメント: 0

烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。


顕著な尾根に出た。ここは南西から北東へ伸びる尾根のピークらしき場所。奥には鈴蘭台処理場、左手に烏原ポンプ場などが見える地点。ここから先、このまま写真奥へ下っていくことにする。


写真では伝わりきらないけれど、なかなかの急斜面…滑りまくる。滑った原因の落ち葉は止まることなく斜面をササァ〜と流れていってしまう。まぁしかし50〜60°程度。ここまで一連の流れから左岸は険しそうなので最後も右岸に出たいと考えている。


斜面を下っていくと結果放水門の下流側、左岸に出てしまった。しかしここに至ってはもうそれほど急斜面でもないので一安心。


烏原貯水池放水路隧道の呑口を見る。なんだかやけに綺麗だなぁ。新しいものなのか。


近くにある説明板を読んでみたりする。この看板は舗装路から離れている(放水門の奥にある)。一体誰が見るというのか…少々謎だ。

放水門の屋上にはゲートを操作するためなのであろう装置があった。こんなものがあったんだなぁ。現役には見えず、もう使われることもないんだと思う。


上流側の締切堰堤など。これらはネットで情報が色々あるので端折っていく。


放水門を改めて撮影しておく。
う〜ん、なぜこうも隧道の情報がネットにないのか…。烏原貯水池の話は神戸市の情報でも確認できるけど。詳しく知りたいところなんだけどなぁ。相当険しい工事だったのだろうし。図書館に行けば何かしらわかるのかしら…。


17:15 事前の予測からは15分オーバーだけどまぁ許容範囲。このあとは「烏原 水と森の回遊路」を進むことにする。

水門の下流側や沈澱井の下流側を確認しながら回遊路を歩いていく。一部に赤スプレーなどがあって、それなりに歩かれているのかも。


立ヶ畑ダムまで来た。ここら一体は2016年の「秋の下水道ウォーク」に参加したこともあって個人的に興味深いエリア。水没した烏原村はもちろんのこと先週の廃虚群なども興味の対象。しかしあまり深掘りしすぎるのも良くないと思う。


立ヶ畑ダムの沈澄池を左に見ながら道なりに進んで千鳥町に出る。
桜は今日が見どころか。今年も結局花見山行は行えず。どうもMuscleは谷歩きばっかりで四季折々の山歩きができていない…そこは今後の課題かな。

今日歩いた軌跡

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  2. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  3. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  4. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  2. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  3. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」 上野道を下る。
  4. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  5. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…

ピックアップ記事

  1. 廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  2. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  3. 長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚…
  4. 摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平…
  5. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…

LINE@はじめてみました

PAGE TOP