遠征

, コメント: 0

古代山城 鬼ノ城周遊から岩屋、犬墓山ハイキング。GW前半の実家小旅行など。


標高約360m地点にある駐車場に車を置き、鬼ノ城へ向かう。山の名前は鬼城山397m。古代山城 鬼ノ城と呼ばれるいる。Muscle的には勝手にマチュピチュのようなものかなと思っている。そして個人的には桃太郎のモチーフになった温羅伝説にも興味津々でこの場所は特にお気に入り。


鍵型の大きな岩「鍵岩」から西方、復元された鬼ノ城の西門が見える。ガイドさんが居て、盗み聞きしていると「この鍵岩がある地点までは下から登ってくる登山道があった」そうだけど、現在は通れなくなっているみたい。


西門に来た。なかなかの大きさ。派手な意匠の盾のようなもの。ガイドの話しによれば「お守り」だとか「魔除け」の類らしい。護符的なものか。このサイケデリックなデザインがどこから来ているのかはわからないけど、禍々しいものを感じる。この山城を築いたのは朝鮮由来の者らしい。


鬼ノ城は3年前に母と来ている。今回は東から反時計回りで周回することにした。


いくつかの水門と城門を過ぎて、「屏風折れの石垣」へ向かう。


大パノラマでしばし休憩。やや霞んでいるものの絶好の展望地。


展望地から北側は断崖になっている。見ると顕著な谷筋がある。血吸川(ちすいがわ)。遡行記録も少しある。しかしこの上流域には住居があるためか、水は濁っているように見える。


周遊路を周って北門跡に来た。一応妻には事前に「岩屋方面にも行ってみようね」と言っていた。奥に見えるのが犬墓山443.3mの稜線。写真右手奥の一帯が岩屋と呼ばれるエリアになる。


鬼ノ城エリアは誰でも行ける散策路になっているんだけど、門を抜けると登山道といった感じ。とは言え、普段着で行ける。 妻はいつもの感じだけどMuscleは完全に普段着。まぁなんとかなるでしょ。下っていくと「学習の森」などもあった。


さらに下ると舗装路に突き当たり、左(南)に行けば駐車場、右(北)に行けば岩屋への分岐がある。ここからは初めて歩く。妻はお疲れのようだ。


進むとパッと視界が開けてまるで牧場の中を歩いているよう。やや疲れが飛んだようだけどどうかな…。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  3. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  4. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  5. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…

ナレッジ記事

  1. 地蔵谷についての下調べ。
  2. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  3. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  5. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…

ピックアップ記事

  1. 西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  2. 須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を…
  3. 五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピーク…
  4. 菊水第2ルンゼ(仮称)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。…
  5. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
PAGE TOP