摩耶

, コメント: 2

学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続空振り。

2018年5月27日 日曜日。9:00起床。昨日は散々な山歩きだったのでちょっとした運動ができる楽な道を歩きたいと思う。というわけで雷声寺から旧摩耶道へ入り、学校林道へ向かう。まだ見つけられていない石柱の探索が主目的。


4本鉄塔の手前、道の脇に転がっているのが92号。あれ?以前掘り起こして、また軽く埋めておいたんだけど、むき出しになっている。目印のような枝も。


道標の奥にあるのが91号。天辺をなぞるとほぼ真っすぐに切れ込みがあるのでなるべくまっすぐ進んでみることにした。


第一候補の婆谷基準点がある場所あたり。笹をかき分けたり両側の斜面を上り下りしてみたが何もなし。


それにしてももし写真のようなゴミの山の下にあったら見つけようがないな…


第二候補…というかほぼここだろうと思っている場所にきた。同じく上り下りしたり…しかし左手の斜面にはワイヤーが張られていて工事済み。おそらくこの工事を行ったときにどけたか、谷に投げたかしたのではないだろうかと思う。


現在の区界は登山道とはやや離れていて、区界通りに進むとマイクロ無線用反射板に至る。このまま555Pに行こう。


555Pにある89号石柱。横たわっていて、ベンチ代わりにもされている始末。それはそれで現在の使い方か…。さて今来た道を下っていこう。


旧摩耶道と交差する地点のすぐ南。ここに93号があったはず…なんだけど、ここにはこのような石垣がある。そこにあったと思うんだよなぁ。探しようもない。


砲台跡は何かしら整備しているのか、伐採されていたりする。周囲の木にもいくつかピンクテープが巻かれている。伐採する予定なんだろうと思う。


一応94号の石柱に寄ってみる。なんと石柱にピンクテープが巻かれている!まさか…抜かれたりしないよね?

コメント

  1. Muscleさん、こんばんは。

    2日連続の境界石ハイク、お疲れ様でした。
    いつも楽しみに拝見しています。
    この手のプランは、どうしても空振りはつきものですね。

    東山界隈の境界石は、やはり送電鉄塔や苧川谷工事で
    喪失している感じですね。
    あと発見の可能性が高いのは、高雄山から鍋蓋山方面でしょうか。

    九十四号柱附近ですが、私が2月に歩いた時も、
    石柱の南側の砲台跡施設の平地から東側尾根の
    かつて軍道があった辺りまで、広範囲で木が伐採されていました。

    砲台跡付近であれば、送電線絡みの伐採の可能性もありますが、
    東側の尾根には送電線は走っていませんので、気になるところですね。

    • Tokiwaさん こんばんは〜

      諸々理解していただけるのが嬉しいです。
      今回はかなり念入りに探したのですが何もなく…。
      仰る通りその区間と、黒岩尾根からの天狗道までの三角地帯、菊水GC内ですかね。
      あとはまだ行けてませんが高取山の1本と、見逃したであろう獅子ヶ池南西角の尾根、ひよどりの森林公園付近くらいでしょうか。

      又新日報の目次を追ったりしますが、なかなか有益なものはなく…神戸新聞に問い合わせてみようかなとも思っています。
      土曜の山行に追記しましたがそれも大した情報は得られずで。
      なかなか難しい面がありますね。

      94号がなくなるとしたら悲しいことです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  2. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  3. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…

ナレッジ記事

  1. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  2. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  3. 菊水山周辺についての下調べ。
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  5. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。

ピックアップ記事

  1. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  2. 花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  3. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
  4. 見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  5. 岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつで…

LINE@はじめてみました

PAGE TOP