レク

, コメント: 2

実家への小旅行 岡山県瀬戸内市 牛窓山(オリーブ園)166.5m。

2017年6月23日 土曜日。この週末はMuscle実家のある岡山に帰省することにした。今回の主目的は牛窓へ行ってみること。
土曜日のお昼ごろ出発。高速に乗ったあとに本格的に雨が降ってきて難儀。今日はちょっと寄り道をしたいので、淡路島から徳島、香川と経由していく。


雨宿り的に「淡路ハイウェイオアシス」のオアシス館に入る。蛇口から「淡路たまねぎスープ」が出てくる。やや薄味か。さて、安全運転で神戸淡路鳴門自動車道から高松自動車道と進む。道中に見えた、五剣山にはぜひ登ってみたい。


5月の旅で気になった讃岐富士(飯野山)に寄ってみた。う〜ん、あえて登らなくても良いような…。目印として美しい山。


瀬戸大橋を渡る。与島にも寄っておく。香川の方を向いて一枚。こんもりした讃岐富士が見える。ここには瀬戸大橋のワイヤーやら色々展示されている。


謎のキャラクター「わたる」。いつまでここにいるだろうか…行く末が少々心配だ。瀬戸中央自動車道を走り、倉敷インターを降りて実家へ。今日はすき焼きパーティ。牛肉を食べるのは久しぶり。宴を終えて2時頃就寝。


2日目の日曜日。11時過ぎに実家を出発。山陽自動車道を神戸方面へ進んで、和気インターで降りる。牛窓へ向かう道中、またもやナビに騙されて田んぼの中を進む。


牛窓に到着。オリーブ園に行ってみることにした。ブログ的に一応「山」と言えそうな佇まい。


日本のエーゲ海とかなんとか。朝日や夕日のタイミングに来るのがオススメなんだとか。小豆島が意外に巨大なことを思い知る。寒霞渓にも行ってみなければ。


山頂北側からはソーラーパネルの畑が見える。「瀬戸内Kirei太陽光発電所」と言うらしい。クリーンなのはそうだろうけど、なかなか異様な光景。


三角点を確認。山の名前は牛窓山。周囲にはロープが張られているので、勝手に入るわけにもいかないか。


展望台にも一応寄ってみた。兵庫県の島も見える。建物の2Fにはこの4月にオープンした「山の上のロースタリ」という洒落たカフェがあった。意識が高くやや気遅れる…。


この周辺は阿弥陀山古墳群というらしく、そこかしこに古墳がある。全部周ってみたいところだけど、時間がないなぁ。


牛窓港にも寄ってみる。フェリーで前島に渡って、歩き回りたいのだが…その時間もあまりないね。ちょっと出るのが遅すぎた。毎度毎度のノリで乗り物関係はタイミングが合うことは少ない。それでも牛窓の景色を楽しめたし、それはそれで良しとしましょ。それとまた行ってみたい山ができたのは収穫かな。

コメント

    • ひろ
    • 2018年 7月 09日

    こんばんは。

    やっぱり眺めがいいですね~。
    昔々の写真を引っ張りだし、
    「ここはどこだったんだろ(汗)」と考えていました。
    でもヨットハーバーあたりから見た夕焼けは覚えていますよ(*´-`)

    それに!
    うーん!田んぼもキレイ!
    いいところですね~。
    猫バスが走りそう~
    こんな田んぼの一本道見たら「めいしゃ~ん」と叫びますよ、私。(一応、辺りを見回してから)

    今回の豪雨で、倉敷市も思ったより広いことを知った次第で。。
    変わり果てた姿をみる地元の方の気持ちを考えると胸が痛いです。。
    先ほど別の記事のコメントのお返事でもおっしゃられてましたが、総社のご実家の辺りもですかね。。
    先日の地震といい、色々思い出させてくれます。

    • ひろさん おはようございます!

      牛窓落ち着いたところですね。
      朝か夕方に行って見たいところです。
      さぞキレイでしょうね。

      どうやら実家は無事なようですが。
      どこに居ても安心はできないものですね。準備だけはしておかねばと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  2. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  3. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  2. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  3. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  4. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  5. 六甲山の砂防堰堤について思う。

ピックアップ記事

  1. 杣谷道支沢を登り寒谷南尾根から谷筋を下り寒谷滝。摩耶第四砂防…
  2. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
  3. 古道山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園…
  4. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  5. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…

LINE@はじめてみました

PAGE TOP