住吉・芦屋

, , コメント: 0

黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。


登り始めてすぐに謎の構造物が左右に走っていた。時代は比較的新しそう。左側=住吉川方面はすぐに斜面になっていて、コンクリは途絶えていた。なんだか水路のようにも見えた。


右側を見てみる。う〜ん黒五谷堰堤建設時のものなのか…謎。


尾根筋の幹にはトラ柄テープ、岩にはスプレーマーキングがあったりする。この写真の中央辺りには何やら道があるように見える。手前の幹で隠れている部分にもう1つトラ柄テープがあるんだけど、その手前に…


水平道があった。2つ目のトラ柄テープの手前から北側を見ると、斜面を巻くように道が付けられているのがわかる。やけに明瞭だ。東へも道が続いているんだけど、まずは北側の先を確認してみることにした。黒五山へ向かう予定は一旦中断。


五助堰堤を過ぎても続いていることから、どうも古い登山道のように思える。物資を運べるくらいの幅はありそう。


しばらく進むと左下に五助池が見えてきた。これは五助堰堤を越えて住吉道を進んだところにある立派な池。この少し先で水平道は消えていた。


先程歩いてきた道を煽りで見てみる。道の下側はこのように石垣で補強されていて、しっかりした道だったことがわかる。う〜ん、なんの確証もないけど、これは旧有馬道の一部なんじゃないかなぁ。


水平道を引き返してトラ柄テープ地点まで戻ってきた。今度は反対側、このまままっすぐ東へ回り込んでいくことにした。


先程と同時代のものと思われる石垣があって、立派な道が続いている。これは一体なんのための道だろうか。こっち側(黒五谷沿い)はさすがに旧有馬道とは思えない。


ちょっと進むと右下に黒五谷の小滝が見える地点があって、そこで道は流されていた。しかし一応もう少し先まで確認しておこうと思う。


石垣が少し見えるものの、もう谷は目と鼻の先。この先は黒五谷堰堤があるので、堰堤工事の作業道だったのかも知れない。


トラ柄テープの地点までまた戻ってきた。やや寄り道が長すぎたか…。さて、黒五山山頂を目指そう。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  3. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…

ナレッジ記事

  1. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  2. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  5. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…

ピックアップ記事

  1. 長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚…
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅…
  4. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  5. 見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。

姉妹ブログ

PAGE TOP