ナレッジ

0

神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。

2016年5月21日の山行で消化不良があった。黒岩尾根の八十二号石柱から、飛んで青谷道の崖の手前で九十八号石柱を見たのが最終で、前後がどうなっているのかがわからなかったというもの。

DSC_0384
これは天狗道にあった埋もれてしまっている分だけど、各石柱には「神戸市役所」とあるので市役所や森林整備事務所に、何かしら参考情報はないかと問い合わせてみた。しかし「そのようなことは知りません」とのことだった。

ネットを見てみると神戸文学館の敷地にも石柱があるらしいことがわかった。これはやはり…もっと石柱があるんだ。ぜひ最初から最後まで辿ってみたい。何かしら参考になる資料はないかと探していて、辿り着いたのがこれ。


神戸市立中央図書館 貴重資料デジタルアーカイブズで目にした神戸古今対照地図。この地図はおそらく、それより以前に発行された實測神戸市地圖」に名所などを上乗せしたもののよう。※画像は拡大分をスクショして貼り合わせたもの。


実際にまだ歩いていないのでわからないけど、おそらくこの地図にある市郡界に現在もある程度石柱が残っているんじゃないかと思う。おそらく二丁ごとに。多分末番は110前後のはず。今度敏馬神社の西からスタートしてみようと思う。一日では終わりそうもないので数回を予定。

tracks1
TrailNoteで予定ルートを作ってみたんだけど、これ…黒岩尾根から高雄山への直線部分は無事抜けられるんだろうか。とても心配だ。でも多分番号の振られ方からして直線部分には石柱は立っていないんだとは思う。詳細なルートを作って設置場所の予測を立ててみたい。

地図情報まとめ

神戸古今対照地図」(大正4年12月1日発行 實價金貳拾銭  調査者:神戸市教育會 編纂縮圖兼發行者:石丸甚八)神戸市立中央図書館 貴重資料デジタルアーカイブズ
實測神戸市地圖」(明治45年5月15日 三版發行 定價金十二銭 原圖者:神戸市役所 発行者:石丸甚八)神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ

実売金20銭ってことは案外安いような気がする。

三宮から青木バッティングセンターまで歩いて行く。青木駅は高架化工事中。前のページ

神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山から諏訪山町へ下る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  4. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  5. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…

ナレッジ記事

  1. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  2. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  3. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  5. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…

ピックアップ記事

  1. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  2. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  3. 苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る…
  4. 長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落とし…
  5. 岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつで…
  1. 須磨・長田・兵庫

    防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩く。鉄塔管理道を経て…
  2. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
  3. 摩耶

    亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  4. 布引・北野

    新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継山へ登る。
  5. 摩耶

    桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
PAGE TOP