菊水・鍋蓋・再度

0

神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山から諏訪山町へ下る。

2016年6月11日 土曜日。14:12起床。前日は会社の新人歓迎会があり、心斎橋のbarを出て帰宅したのが今朝の7:28という…。近場で済まそう。
というわけで課題の神戸市市郡界の石柱の番号を確認しに高雄山へ行くことにする。15:58 出発。

16:30 五本松かくれ滝の手前の広場。アジサイの見頃はもう少し先か。


あけぼの茶屋から先の地点で市ヶ原の河原に下る。外国人がビキニで遊んでいた。奥に見えるのが高雄山。展望ルートを登る。


出だしの急登をやり過ごして展望コル。東方には地蔵谷左岸の岩場が見える。アップダウンを過ぎると左後方から森林管理歩道が合流してくる(この先の分岐でまた分かれていく)。山頂方面へ分岐を進む。

17:15 番号を確認したかった石柱がこれ。神戸市役所とある。隣には神戸區と葺合區の境界石柱。

裏にまわり側面を見ると「八十号」と書いてあった。黒岩尾根の606が八十二号なので、ここから606までの直線区間にあと1つ石柱がある(あった?)んだろう。多分生田川近辺にあるんだと思う。また探してみよう。

南を背にして石柱の頭部の切れ込みを確認。ここから西方に進む。「この切れ込みが指す方向に市郡界石柱があるのだ」。示す方向は直線的なんだけど、ただの斜面をまっすぐ進むのは難しい。とにかく進む。


途中森林管理歩道を横断して下って、とりあえず尾根に乗る。ここは歩いたことがなかったなぁ。


尾根の右手、北側の谷に変わった意匠の堰堤があったので下ってみる。布袋ヶ谷第4堰堤と名前がある堰堤だった。このあたりは治山事業のダムが多いので固有名称は珍しい。


ダム銘板以外はこれといった収穫もなく、蛇ヶ谷に下り着く。右岸にダムがある地点。市郡界はこの谷沿いにあるようなので、対岸へ渡り登って行く。

1

2

神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。前のページ

神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92・91・89・87 県立美術館を起点に青谷道、東山、学校林道を経て掬星台。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  4. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  2. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  5. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。

ピックアップ記事

  1. 天上寺のヤマボウシを見に行く。摩耶東谷(旧道)の山腹道探索か…
  2. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  3. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  4. 寒谷1基目の治山ダム左岸支流から608P。寒谷北尾根を下って…
  5. 岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  1. 須磨・長田・兵庫

    横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登り返して文太郎道。
  2. 菊水・鍋蓋・再度

    菊水第2ルンゼ(仮称→菊水北ルンゼ)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。
  3. 裏六甲

    猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
  4. 須磨・長田・兵庫

    祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道寸前。
  5. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
PAGE TOP