須磨・長田・兵庫

, , 0

【KOBE HILL MAP】徳本上人妙号岩を探しに。苅藻川遡行の途中に鵯越墓園水無池の南へ。

2020年10月18日。妻の誕生日&結婚記念日の日曜日。11:27起床。
昨日は風疹の予防接種&雨で出かけることもなく。その日のうちにある程度今日の晩ご飯の仕込みをしていた。というのも、プレゼントは何が良いかな?と聞くと「手作りの晩ご飯!」というわけ。
そして今日。晴れ間を見ながらウズウズしているMuscleを見て、妻から「はいはい、昼間は山に行ってもいいよ」とお許しが出た。
大事な日だけど山に行く……忍びない……帰ってから晩ご飯の仕上げをしよう。


さて本日のお題。これはKOBE HILL MAPから抜粋した、「徳本上人 妙号岩(Tokuhon Inscription Rock)」を中央に置いたもの。
今日はこれを探しに行く。
位置関係を整理すると……画像の右下が烏原貯水池、「奥山新田」とあるのは現在の鵯越墓園の南の方。赤丸で示されている妙号岩の西にある祖谷(Iyadani Valley)は現在のイヤガ谷(伊屋ヶ谷)だ。赤丸の地点は現在の地図に重ねると墓園内の水無池の南側にあたる。
【KOBE HILL MAP】シリーズ第一弾として、この岩を探しに行くことにする。このシリーズをやろうと思ったのは2017年のことなので、随分と時間が経ってしまった。


13:50 神鉄鵯越駅で下車、改札を出て右手へ坂道を進む。峠状になっている夢野白川線の下をくぐって、鶯町あたり西へを下っていく。


下りの坂道の突き当りにある「鶯町公園」を右に曲がって北を向くと丸山大橋が目に入る。手前の建物は「丸山の郷」というケアハウス。
妙号岩を探すのに最短の道は鵯越墓園内経由なんだけど、それではすぐ終わってしまってつまらないかと思い、間に苅藻川遡行を挟むことにした次第。

苅藻川遡行 前編


ケアハウスの敷地の南東をを巻くように苅藻川が流れているんだけど、両岸コンクリで入渓できず…。


ケアハウスの敷地内の北東端。フェンスから苅藻川を見下ろす。小滝があるようだ。
施設の方には一応…いやきっちりと挨拶をして敷地を歩く旨説明して、了承いただいた。
Muscleの姿を見て「こんなところ沢登りするの?」と仰った。なるほど理解がある方でありがたい。


フェンスの切れ目から入渓して進むとすぐに小さなダムがある。見たまんまで水質はBAD。これは想定通り。


ダムを越えると右岸はこのようなコンクリ壁。壁伝いに進む。


上流へ歩を進めると古めかしい堰堤に阻まれる。これは檜川堰堤。起工 昭和十七年三月、竣工 昭和十七年十二月、内務省神戸土木出張所によるもの。
この堰堤から上流の少しの区間は以前歩いたことがある。下流側は平凡だったんだなぁ。


夢野白川線に架かる丸山大橋が頭上に見える地点から上流。ダムの堆砂地でこれを見る限りは遡行の価値はなさそうに思ってしまう。


少しばかり進むと雰囲気のある小滝がある地点に至る。


あれ?以前右岸にあった「大龍大神」と掘られた石柱がなくなっているみたいだ。右岸をヘツって小滝を越え、上段の石積堰堤は右から越える。


緩やかな渓相を進む。お隣のイヤガ谷と同様、上流は住宅街なので水質は終始良くない。


水質に目を瞑れば渓相はなかなか良いし、六甲山内では珍しく沢登り感が結構あるなと思う。


進むと奥に源平大橋が見えてきた。ここらあたりは左岸の岩の上を歩いていく。


狭く小さなゴルジュになる。水質が良くて夏場ならという条件なら泳ぎたいところだけど…写真の右上あたりにバンドがあって、そこを進むことにした。


バンドに倒木がかかる地点からゴルジュ中間地点の小滝を見下ろす。この小滝は高さがあるし通過はかなり難しいだろうと思う。
この水質で詰まったら地獄だね。


ちなみに右岸の壁のようす。右岸は大体このような壁が広がっているので、巻くのは常に左岸からが良さそうに思う。


倒木の先がちょっとヒヤヒヤしたけど、結局ゴルジュは全部巻いてしまった。どうせなら全部ジャブジャブ歩いてみたいところ。しかし中盤の小滝はやっかいだなぁ。


ほんの短い区間ながら滑などもあって雰囲気はそこそこに良い感じ。


山麓バイパスに架かる源平大橋の真下の岩場のようす。湿っているし異様な雰囲気だ。


小滝はそれぞれ釜を持っている。Muscleは巻き巻きだけど、全部直登していったら気持ち良さそう。水質さえ良ければね。


続く小滝。ここは左岸をヘツってさっさと通過する。


進むと檜川第二堰堤に阻まれる。奥には岩場が見えるぞ。水質の悪さは水通しの汚れを見ればお察し。
それにしても、あまり期待していなかった苅藻川。檜川堰堤から檜川第二堰堤までのこの区間、なかなか見応えがあった。期待していなかったからそう見えただけかも知れないけれど……。
さて、今日のメインのお題へ。あの奥に見える岩場あたりを通過して徳本上人妙号岩を探しに行く。

ページ:

1

2 3

索道を辿って日柳第二堰堤補強工事の現場に行ってみる。軽い散歩のつもりが、えらい展開に。前のページ

大日丘町3丁目13の「こんもりした場所」とその周辺、獅子ヶ池西の採石場跡地を探索。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  2. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  3. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  4. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  2. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  3. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  4. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  5. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…

ピックアップ記事

  1. 北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅…
  2. 天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC…
  3. 日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを…
  4. 住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から…
  5. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  1. 裏六甲

    仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登る。
  2. 長峰

    日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを下る。
  3. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  4. 摩耶

    青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。
  5. 布引・北野

    追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経て再度谷を下る。
PAGE TOP