摩耶

, , コメント: 4

二週続けて摩耶東谷。旧参詣道の支流に入る。


行者滝の上、露岩地帯の分岐から進んでいくとすぐに左の枝にトラ柄テープ、右上の岩に赤スプレー矢印がある地点に至る。一旦赤矢印の方へ進む。


すぐに大きめの岩があって、そこからは見晴らしがそこそこ良い。しばし休憩。このまま登ると山寺尾根まで出てしまうので、適当に谷方向に下っていく=先程のトラ柄テープが示す方向。進むと深谷第三砂防ダムがある。

ダムから下らず斜面をトラバースしてみる。またまた境界杭だ。本当によくあるなぁ。


すぐに立派な谷筋に阻まれる。あぁここか。良い感じなのでちょっとだけ寄り道してみる。進んだ先にはロープが垂れる大きな緩い壁が広がっていた。また今度。本流に戻ろう。


本流入り口の小滝を過ぎて、左岸に基礎のようなものがあった。これまでの道中も気になる石があればひっくり返したりして確認してきたけど、決定的=町石の類は見つからず。


手前で小滝を過ぎると二俣。本流は右で、摩耶東谷参詣道は左。左の谷筋にはすぐに5m弱の壁状の滝がある。ということからもここは中間尾根に道があったはずと予想。


壁状の滝と同じくらいの高さに至る。どうも人工的にしか見えない石組みが転がっている。


石組みとは別に皿状の遺構もある。ちょっと掘ってみたものの、案外深そう…時間も遅いのでまた今度。軽く埋めなおしておく。壁状の滝の上段にも小滝があり、それも右から越える。


谷を進むと右手に人工的に組まれたようなもの。その上には踏み跡もあるように見える。

正面側面底面
そしてこれ。Tokiwaさんに以前教えていただいた何かしらの遺構。しかし見せていただいた写真と比べると周囲の石、また苔の感じが少々違う?側面とひっくりかえして底面も確認。


さて谷を進むと石積谷止があり、右から越える。右手にはなかなか大きな根が露出した立派な木があった。(写真はどれもピンぼけ)。そして再び右手に石組みが。と、奥に壁が見えるので寄ってみることにする。


久しぶりにまともに合成できたgoogleストリートビュー。もう氷柱ができている。今年の冬は寒いっていうし。裏六甲が楽しみだ。


谷を詰めていくとゴミゴミしてくる。これは碍子ってやつだね。あと2つほど転がっていた。また小皿なども転がっている。


さらに谷止を越えて進むと送水管らしきものと受水槽的な構造物がある。これはどれもそこまで古くはなさそうだ。


結局大きな収穫もなく宝篋印塔の北側に出る。私的感覚として、宝篋印塔は大事なものであって、その上手に出るのは違和感…この左手、南側、宝篋印塔の下手に出るのが常道かと思う。それにしても、ここまでせめて町石があればなぁ。石垣も階段もそこまで古そうではなさそうなんだよなぁ。しつこい質なのであと数回は歩いてみようと思う。


峠茶屋跡でちょっと休んで上野道を下る。今日も遅い時間からのちょっとぶらり山行。収穫は0ではないものの、満足にはいたらず。途中の岩壁の支流はまた行ってみようと思う。

今日歩いた軌跡

覚書
しかし改めて見ると下流域からすでに破線道を外している。破線道は今日歩いた部分よりも北にずれいているので、また山腹を歩いてみなければ。

ページ:
1

2

コメント

  1. Muscleさん、こんばんは。
    二週連続の摩耶東谷、お疲れ様でした。

    私の方は二週連続山には入れず、ウズウズしていますが、
    Muscleさんのレポで楽しまさせて頂いています。

    人工的な石積み、古いコンクリート片・・・
    道があったことは確かだと思うのですが、
    なかなか決定的な参道の確証が出ませんね。

    深谷第二~第四堰堤までは谷がS字カーブを描いているので、
    摩耶東谷本谷から参詣道が西に入る地点も、検討の必要ありと思っていました。
    また、深谷第三堰堤は平成になってから造られた堰堤なので、
    なかった頃の谷の様子を想像していましたが、
    今回探索された尾根が有力ですね。

    宝篋印塔の解説版の写真でも、Muscleさんが書かれていた通り、
    摩耶東谷の道は宝篋印塔の南側だったのではないかと思っています。

    • Tokiwaさん おはようございます。
      仰られるようになかなか「これ!」というものが見当たらず。
      谷もダムで寸断されていて、痕跡探しはより困難ですね。

      今度は上から下って行くのもありかなと思っています。
      また皿状を掘ってみようかと。
      しかし歩いてみるにつけ「ほんまに参詣道だったんかいな!?」と思ってしまいます。

    • 長峰大好き
    • 2017年 12月 18日

    すっかり寒くなりました
    会社勤めだと忘年会も山行き用体力の消耗につながるし年末は厳しいですね。
    風邪もきちんと治してそしてなにより膝の慢性痛にも十分な永続対策を立ててください
    ストック常用、ロープウェイやバス専の下山スタイルも考えようによっては登りのグレードを上げれますし
    多くの熱心な読者の方々には貴重なノウハウになることでしょう
    私が言うのもなんですが六甲摩耶関連ブログ全般で更新頻度が低調気味で寂しい限りです
    ですが!MuscleTurtleさんにはまず体調、体力の復活を熱烈要望です
    ルート情報交換などはそれから再開しましょうね

    ブログも鮮やかにリニューアルしましたね、あいかわらず数多の山ブログとは一線を画すハイセンスな体裁で良い意味で場違い
    最新山行情報をまず見たいせっかちな私には一手間増えたのかな‥

    • 長峰大好きさん 寒いですね〜

      まさに忘年会のお泊りで風邪をひいてしまったようで。油断しました。
      膝はそのようなスタイルでなるべく負担軽減を考えております。
      ビューライン正会員にならないと…。
      確かにブックマークしている諸先輩方更新が滞っているものも。
      しかしもう行ききって改めて書く必要がないと考えておられるのか。色々事情はあるのでしょうね。
      私は書かない日もちょろっとでも行きたい質で。

      最新情報がパッと見わかりづらいですか。なるべく改善図ります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  4. 神戸市境界石No.72-77 平野谷西尾根から極楽谷経由で再…
  5. 神戸市境界石No.82-98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区…

ナレッジ記事

  1. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  3. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  5. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。

ピックアップ記事

  1. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  2. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
  3. 葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を…
  4. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  5. 社家郷山キレットルートから外れ峰南尾根。小天狗山を経て宝殿橋…
PAGE TOP