ナレッジ

0

六甲山の砂防堰堤について思う。

六甲山の谷を歩いていると悩ませられる砂防堰堤群。登るという括りなら邪魔と思える存在。勝手にそれを登っている私の視点だけども…。しかし防災の観点からは当然必要なものなのでしょう。

十八丁谷にあるこの堰堤は2014年の台風11号、芦有道路方面からの土砂を食い止めた十八丁第三堰堤。六甲山の砂防堰堤工事の最盛期は、昭和40年代〜50年代だと思うんだけど、今日もまだまだ新しい堰堤ができている。イタチごっこでどこがゴールかはわからない。コンクリで谷を埋め尽くすまでやるんだと思う。昔はキレイな谷や滝がもっとあったんだろうなぁ。
ところでマイナーな谷で堰堤を越える際に、左右どちらから越えるのかの選択を誤ると思わぬ危険な展開になることもしばしば…。


これは十八丁谷遡行時の無名鎧積堰堤。左岸はとても無理な崖。右岸から危ない岩場を巻いた。
メジャーな谷なら巻き道の取り付き、どちらから越えるのが適しているかなどの情報を得た上で、ある程度安全に行けるのだけど、マイナー谷はそうもいかない。現地の様子を見ながらその場で適宜判断するものの、正解かどうかなんて、越えてからしかわからない。

これは都賀谷遡行時の都賀谷堰堤。右岸から越えたら中は水たまり…。斜面を登ってさらに巻いた。左岸から越えれば楽に一旦車道に出られたというのに…。

というわけで事前に、行こうとする谷にどんな堰堤があるのかがわかる一覧が欲しいなぁと思い、そんな便利なツールがあるのか六甲砂防事務所に問い合わせ。
回答として「一応お見せできる資料はあるが、公開などはしていない」とのこと。事務所に伺えば、閲覧可能なんだけどもいかんせん事務所が開いているのが平日8:30〜17:15…無理!

ならば何かしらそういうツール(地図的なもの)をつくってみようかなと思う。現在の六甲山ルートの網羅っぷりなら他の追随を許さない「六甲山系アラカルート」さんを参考にさせていただこうと思う。しかし自身が谷を網羅していないのでもう少し先かな。

再度山大師道から蛇ヶ谷を経て新神戸へ下り、六甲山縦走弁当を食べる。前のページ

北野背山散策路を抜けて、雄滝茶屋でお茶。記念誌をゲットする。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  2. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  3. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  3. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  4. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  5. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…

ピックアップ記事

  1. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  2. 天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC…
  3. 六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻ま…
  4. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  5. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  1. 裏六甲

    船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。…
  2. 摩耶

    法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山史跡公園まで。
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
  4. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
  5. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
PAGE TOP