住吉・芦屋

, , 0

住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から廃道田辺谷を登る。

2017年3月19日 日曜日。11:51起床。六甲最高峰南面でまだ行っていない谷がある。六甲_摩耶_再度山路図で廃道とある田辺谷に行くことにした。JR三ノ宮駅から住吉駅へ。13:05発のくるくるバスに乗ってエクセル東で下車、住吉道を進む。


江戸中期から昭和初期まで動いていた水車小屋があったという地点に梅が咲いていた。進んで五助谷に架かる木橋を通過。木橋周辺はネコヤナギの群生。


五助池。これまであまりじっくり見ていなかったけど、割りと大きな黒い鯉が泳いでいた。どうやって育ったんだろう…?謎。


西お多福山への分岐を過ぎ、1938年7月6日阪神大水害で流された「右有馬道」の道標跡を過ぎて右手に石階段が現れる地点。ここから住吉道は住吉川を随分離れることになる。ここからの川沿いは歩いていないので進んでみることにした。左手へ下る。明瞭な踏み跡があった。割りと歩かれているのか。


入渓し、住吉川を進む。なかなか良い展開。飛び石伝いに進んだり、巻いたりしながら進む。


次に大きな揺れがあったら落ちてしまいそうな絶妙なバランスの大岩を通過。


しばし自然が織りなす模様を眺めて落ち着く。道中360°パノラマ写真を撮影しておく。


比較的大きなテーブル状のランチに適していそうな岩があった。奥の両側にも岩。堰き止められて釜ができている。


進むと右岸から支流が流れ込む。これは西お多福山中腹のトラバース道の中ほどにある岩屑の渡渉地点の谷だな。


本流を進むと本庄第二砂防ダム。ダブルダムになっていて、これは副堰堤。左岸はヤバそうな崖。右手前から高巻いていく。


斜面を登って住吉道に合流した。奥に見えるのは西お多福山。堰堤越えから谷に戻ろうと思うも渓相が地味に見えたのでこのまま住吉道を進むことにした。


進んで道標。この地点から写真左奥へわずかながら見える踏み跡を進んでみることにする。


笹に塗れた僅かな踏み跡を辿ると崩落斜面に至り、道が流されていた。強引に行けば進めそうに思うも自重する。右手斜面を登って住吉道に戻ることにした。

1

2 3

Tokiwaさんと山歩き。摩耶山忉利天上寺奥之院など摩耶遺跡探訪。前のページ

青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  2. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  3. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  4. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  5. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…

ナレッジ記事

  1. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  3. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  4. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  5. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…

ピックアップ記事

  1. 石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台…
  2. 寒谷1基目の治山ダム左岸支流から608P。寒谷北尾根を下って…
  3. 岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  4. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  5. 長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落とし…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
  2. 住吉・芦屋

    五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピークから下って水晶谷左俣…
  3. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  4. 摩耶

    天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根を経て掬星台へ至る。…
  5. 住吉・芦屋

    西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極楽渓岩塔状バットレス…
PAGE TOP