摩耶

0

生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森林植物園の下見。

2016年11月6日 日曜日。11:58生田署からの電話で起床。一年半前の合の谷の写真を欲しいというわけで、SDカードにコピーしお渡しした。その後のことについて少しばかりお話。まだはっきりしたことは不明のようだった。どうなることやら…。
外を見ると天気は冴えないし、遠くへも行けない。摩耶山に行こうかと思うも、気乗りせず…というわけでまずは廃ポンプ場巡りの下見に行くことにする。

dsc_0298
14時過ぎに家を出て新神戸から出発し、布引渓流の水道施設を改めて確認しながら紅葉の茶屋。黒猫にご挨拶。

dsc_0304
トゥエンティクロスを北上して三笠岩の渡渉地点。やけに水が少ないのはなぜだろう。

dsc_0318
次の顕著な渡渉地点から北へ進むと二十渉ポンプ場跡がある。木に登って撮影を試みるも木々に覆われて全容が確認できない。小ぶりな施設のよう。このポンプ場の役割は、南西にある修法ヶ原池浄水場に水を送ること=北区の水源。修法ヶ原池浄水場から北区に配水していたそうだ。

dsc_0311
施設から10mばかり上流右岸のここが取水ポイントなのかな。通常なら取水堰堤がありそうなもんだけど。この導水路は朽ちていて途中数ヶ所で漏れ出している。

dsc_0312
そのさらに上流側。右岸に支流があった。何かあるかな?と思い、奥にある谷に入る。

dsc_0314
何があるわけでもなく、いきなり砂防ダム。流れもないし、これはただの谷筋のよう。戻る。


施設の北側に戻って来た。コンクリ水路の端に引き込み用なのか穴があり、右側には排水用なのか管が出ている。う〜ん、下見なので一旦ここまで。トゥエンティクロスを分水嶺越まで戻る。

dsc_0322
渡渉地点に戻る途中の足元には水道局のマンホールや空気弁などがあり、さらにこのようにコンクリが剥き出しになっている。管が通されているんだろう。ここは生田川に流れ込む支流の1つで雨後などはしっかり川になっている。谷を遡ればそこそこ立派な滝もあった。奥の地点から進路を右にとる。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  2. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  3. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  4. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  5. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…

ナレッジ記事

  1. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  2. 菊水山周辺についての下調べ。
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  4. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  5. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…

ピックアップ記事

  1. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  2. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  3. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  4. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  5. 阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  1. 長峰

    日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを下る。
  2. 布引・北野

    布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  3. 住吉・芦屋

    芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山から甲陽園まで。
  4. 長峰

    日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
PAGE TOP