レク

, , 6

北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅葉の茶屋へ下る。

2016年3月19日土曜日。前日の深酒から起きたら13時45分。どうせ雨でしょ…ってことで起きる気もなく寝たいだけ寝てしまった。家から外を見ると堂徳山にはガスが漂っている。でも雨粒は落ちていない。テンションは上がらないけど散歩がてら山に行こう。

DSC_0156
新神戸駅の西、北野浄水構場の石碑がある地点から左手、北野遊歩道を歩く。奥にはANAクラウンプラザホテル神戸。北野浄水場は現在はKITANO CLUB SOLAになっている。

DSC_0174
遊歩道を進んでいくと、新神戸駅の向こうに米田さんの丸山、そして霧に煙る奥の稜線「学校林道(がっこうりんみち)」の4本鉄塔が見える。左に行けば神戸布引ロープウェイ乗り場。「合の谷」の滝を見てみようと思い右手下にある階段を下っていく。

DSC_0176
右下にあるANAクラウンプラザホテル神戸の駐車場は通り抜けが禁止されている。正面のイノシシ避け扉から奥に進んでみよう。ここら辺は歩けるところは全部行っているつもりだったけど、この扉の奥は行ってなかったなぁ。

DSC_0183
扉を閉めて左に上がっていく。一応踏み跡はあるんだけど、この上にある開けた地点で踏み跡がなくなっていた。

DSC_0186
適当にフェンス沿いを東方に進む。ここは歩いていい場所なのかどうか。

DSC_0193
進むと正面奥に新神戸駅が見えてきた。この謎のコンクリートとフェンスに囲まれた敷地はなんなんだろうか…。また調べておこう。

DSC_0202
新神戸駅の北側に来た。のぞみ31号博多行きが出発を待っている。このように新幹線が見えるなかなか稀有なポイント。左手、道無き道をさらに進んでいく。

DSC_0211
予想通り「合の谷」の滝下に来た。前日の降雨から辛うじて滝っぽくなっている。斜爆と直瀑のセットといった感じ。落差は12m位はあるかなぁ。北野背山の中では大きめの滝。さて満足したので、先を行く。けど、行き先を特に決めていなくて…この先どうしようか。

DSC_0220
とりあえず「合の谷」の下流へ進んでみよう。新幹線の下を潜る水路トンネルに入ってみる。

DSC_0225
心臓がキューっと締め付けられる感覚。暗いところ、狭いところは苦手なんだけど、探究心が勝って進んでみる。

1

2 3 4 5

稲荷茶屋にヤマヒロさんが訪れる。前のページ

再度ドライブウェイを通って稲荷茶屋へ。斜面に階段を作る。次のページ

コメント

    • 長峰大好き
    • 2016年 3月 24日

    お仕事早いですね!
    サイドバーの件、これは今まで無かったですね?
    この位置に新規書き込み記事へのリンクがあるだけでぐっと使いやすくなりました。
    格安スマホで定量プランがメインという人もこれから増えるでしょうからトップページがスッキリかつ多機能両立できれば便利でしょうね

    以前に岩ガ谷で上から降りてきた「おっちゃん」は私ではありませんが工事中も源頭から下ってハチノス西へ枝沢,痩せ岩稜を辿ったりしてましたのでニアミスはしているかもです。
    私も先土曜に堰堤内部まで偵察にいってきましたよ。いまはまだ弁天滝〜新六甲大橋間で薮がうるさくなるまで遊んでいますが….

    たびたびの書き込みですみません

      • MuscleTurtle
      • 2016年 3月 24日

      「おっちゃん」違いましたか…。スッキリしました。多分そうじゃないのかなと思っていたもので。

      サイドバーはとりあえずしばらくこれで。定量プラン、これ結構悩みどころです。写真はなるべく高解像度で残したいのですが、滝の写真とかPCからでも読み込みが遅かったりしますね。スマホならなおさらで通信量も増えるし。
      サクサク動いて見やすいサイトを目指したいところです。

      弁天滝〜新六甲大橋間というのは長峰山の東斜面一帯ですね。厳つい岩場がチラホラ見えて恐ろしい場所…。あそこが遊び場なんて、くれぐれもお気をつけください。

    • 長峰大好き
    • 2016年 3月 23日

    こんにちわ

    三本松お不動さんをシメの写真に多用されてるので「お、ご近所さん!」と思ってましたが側溝や暗渠から入り込むマイナールート攻略は北野在住永い身としてはご近所さんの目もあり敷居が高いです。

    しかし一方で奉仕活動も精力的に行われ自分の事で精一杯な人も多いご時世に凄いなあと思います。(これが本題です)

    私も山道整備、清掃、山林保安は気がかり案件上位、若木に寄りかかる倒木などは積極的にバラすようにしていますが単独ではたいした事もできませんね…

    PS 好デザインのウエブサイト、活読させていただいてますが他の方の新規書き込み、さっとわかる方法あるでしょうか?(Twitterメインなのでしょうか…)

      • MuscleTurtle
      • 2016年 3月 23日

      長峰大好きさん、こんにちは!
      なんとご近所さんだったんですかぁ。てっきり長峰山の麓の方にお住まいかと勝手に思っておりました。知らず知らずのうちにすれ違っているかもですね。

      お問い合わせの件ですが、これは例えば…
      「私がツイートする→長峰大好きさんに通知が行く」という流れのことでしょうか。であれば、長峰大好きさんのTwitterアカウントがあれば、相手のプロフィールページの「フォローする」ボタンの横の風車マーク(設定)から通知オンなどができる項目があります。
      (それとも「他の方」=「他のユーザー」という意味でしょうか。)

      Twitterは自分としてはサブというか、ちょっとだけ短く何か気分転換的に呟こうかなってときに使ってます。ですので、濃い情報はなく…といった感じです。情報もタイムラインに流れていって埋もれてしまうので、このサイト、あるいはちゃんと六甲の山に行くならヤマレコがまとめ役を担う形です。
      ※ヤマレコは編集が楽なので使ってます。

      側溝、暗渠、住宅地の川などなど怪しい場所はなるべく目立たない時間、天気などを狙っています。傍から見たら変質者…下手したら通報もあるかも知れないので、あまり変なことはしないように気をつけます。

        • 長峰大好き
        • 2016年 3月 23日

        お仕事時間中にも関わらず側溝..いや速攻で返していただき恐縮です……

        そうなんです、北野町在住30数年、長峰山麓は20年来の仕事場、ちなみに職種も近かったりして(私Textile-Designer)

        もちろんマイナールート好きが最大の共通事項ですが近いのはここまで

        年齢も体力も技能も彼我の差は圧倒的です。どうぞお手柔らかにこれからもよろしくです。

          • MuscleTurtle
          • 2016年 3月 23日

          こちらこそ、よろしくお願いします。

          マイナールートでお会いできたら面白いですね。
          もしかして一回お会いしていたりて…岩ヶ谷とかで。

          新規書込の件、ちぐはぐな回答ですみません。
          現状サイドバーでごまかします。また組む予定です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  4. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  5. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…

ナレッジ記事

  1. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  2. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  3. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  4. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  5. 地蔵谷についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落とし…
  2. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  3. 布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハ…
  4. 住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から…
  5. 石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。
  2. 摩耶

    法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山史跡公園まで。
  3. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  4. 摩耶

    葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続きを確認しておく。
  5. 摩耶

    苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る。
PAGE TOP