長峰

0

山羊戸渡を登って、六甲山牧場に山羊と羊を見に行く。

2016年10月30日 日曜日。10:54起床。昨日は仕事の都合で山へは行けず…。今日は何処へ行こうかと考えていたら妻が水筒にカフェオレを入れだした。どうやら行きたいようす、というか行く気満々だ。行き先は六甲山牧場にしよう。
日曜日ということで、翌日に疲れを残さない短めかつ妻がまだ歩いていない道でちょっと楽しめそうなところを選択。阪急神戸三宮から六甲へ。そこから16系統でケーブル下へ。知らない間に106系統もできたんだなぁ。

dsc_0128
12:35 ケーブル下で下車して、ドライブウェイを歩く。六甲ケーブル下駅ですでに標高は244.2m。

dsc_0137
山羊戸渡の取付きまでは単調なドライブウェイ歩きが続くので、一旦弁天滝南の電柱側にある錆びた鉄梯子から先の斜面を下ってきた。弁天滝の下の滝。10mほど、思っていたよりも大きい。それにしても立派な釜。左岸からなるべく小さく巻く。

dsc_0140
振り返ると良さ気な滝と釜が見える。またいつか大月大橋から辿ってみたい。

dsc_0143
弁天滝に来た。12mほど。これまた立派。今日は左の流れは見られない。その写真は撮り忘れてしまった…。

dsc_0149
前々から、登るならここしかないよなぁと思っていた中央階段状。結構ヌメヌメしている。今日はいつものごとくランニングシューズ…。まぁ行ってみよう。松がある地点の少し上から左へ移動。1mちょいの岩をへばりつくように越える。

dsc_0156
途中、写真を撮っている暇というか心の余裕はまったくなかった…。どうにか登りきり、梯子地点で待っていてもらった妻を呼ぶ。途中の段差も最後の岩を越えるのもリーチが短い場合は難儀しそう。

dsc_0160
少しだけ戻ってDWから滝を見返す。苦労しそうなのは松の周辺の段差がある部分と、写真中央の丸っとした部分をへばりつくように越えた場所。

dsc_0176
新六甲大橋をくぐって海抜324m。信号を渉り、そのまままっすぐ進んでいく。

dsc_0192
13:10 ドライブウェイを歩いて、山田堰堤を越えた先のヘアピン地点。ここから山に入る。

固定ページ:

1

2 3 4 5

北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。前のページ

坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山道で山上駅まで。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  2. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  3. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  4. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  5. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…

ナレッジ記事

  1. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  2. 菊水山周辺についての下調べ。
  3. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  4. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  5. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…

ピックアップ記事

  1. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  2. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  3. Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はど…
  4. 猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
  5. 木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  1. 須磨・長田・兵庫

    横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登り返して文太郎道。
  2. 住吉・芦屋

    奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳から六麓荘を経て苦楽園…
  3. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  4. 住吉・芦屋

    岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  5. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
PAGE TOP