摩耶

, 0

亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。

2018年8月26日 日曜日。11:30起床。今日の山行当初の予定としては「青谷川下流右岸に神戸市境界石がないかどうか確認して帰る」という短いもの。


神戸市バス2系統青谷で下車し北上して摩耶橋。右岸側は私有地のフェンスで入れず。対岸には宗教施設のようなものがある。そこも入った奥に扉がある。どちらからも川へ入れないので一旦青谷道を進む。


宗教施設の奥に回り込んで谷に下りると3mほどの小滝。どうやら取水設備が昔はあったようす。その奥には無名の堰堤。一応周囲を見てみるものの石柱の類はないみたい。


青谷道に戻りほんの少し進むと青龍寺という「寺らしきもの」がある。その下流側には谷に下りる階段があるんだけど、鎖が渡され立入禁止になっていた。以前は行けたんだけど「きけん」とのこと…なぜだろう?


青龍寺を過ぎると橋があり、その先には昭和14年完成の亀の滝砂防ダム(亀の滝堰堤)がある。ところで「亀の滝」ってどの滝のことだろう?この目で見たことがないし、それが以前から気になっていた。この下流側には滝があるのでそれだろう。行ってみる。


場所的には青龍寺の奥。ここで国立国会図書館デジタルコレクションで見ることができる「賀川はる子 著 女中奉公と女工生活」の「摩耶山詣」から一部引用すると

…登り廿八丁は終日座つて仕事をして居る私達には骨が折れる。でも高いだけ それだけ美しい。麓の松林を過ぎると摩耶橋に出る。橋をわたるとその流れに添ふて登りになる。亀の瀧が落ちて居る。信仰厚い人が打たれて病を癒やされると云ふ。山と山の谷合を涼しい風に吹かれて行くと、葦簾を張つた茶見世が有る。…

とある。亀の滝砂防ダムから下流で直瀑はここだけ。行場っぽい雰囲気もあるのでこれが「亀の滝」だろう。※登り廿八丁とあるけど、現在の青谷道登山口には廿ニ丁の標石がある。廿八丁石柱がどこにあったのか、それもまた気になるところ。


青谷道を進んでここは亀の滝砂防ダムの上流側。対岸に廃屋が見える地点。左岸から支流が流れ込んでいる。そういえばここはまだ歩いていなかったなぁ。


というわけでまったく予定していなかったけど、今日はこの谷筋を登ってみることにした。右手に廃屋を見ながら思いつきのまま谷へ入っていく。


すぐに石組みの谷止があって、その先にはダムがある。平成2年3月完成の亀の滝第二砂防ダム。まとめて左から越える。


ダムの上流ですぐに二俣。本流は左。一旦右俣の様子を見に行ってみる。

スラブ状の滝が奥に見えた。行ってみたい気持ちもなくはないけど、おそらくそれを越えるとしばらくで尾根に出てしまう。やや後ろ髪を引かれながら左俣に戻り本流を進む。


本流側はいきなり地味!これなら右俣で良かったかもとちょっと思ったものの…


4m階段状の小滝現る。頭上の倒木が残念だけど、こんな小さな谷にも面白い展開が待っていた。


上段に逆層の滝が続いている。ここは滝右の段々を登ることにした。


続いて5m弱階段状。岩を湿らす程度の水量。台風後でこれなら普段はただの岩場だろうと思う。さらに上流へ遡る。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  2. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  3. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  4. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  5. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…

ナレッジ記事

  1. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  2. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  3. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  4. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  5. 菊水山周辺についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  2. 布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
  3. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  4. 青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。…
  5. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  1. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  2. 裏六甲

    鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  3. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  4. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  5. 須磨・長田・兵庫

    天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC、IC西の破線道から…
PAGE TOP