須磨・長田・兵庫

, 0

祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道寸前。

2018年11月11日 日曜日。11:00起床。昨日は起きたら16:30…。今日も随分寝てしまった。外を見ると晴れているので山に行くことにした。ちょっとお疲れ気味なので短めの山行。


先々週の山歩きで気になった廃墟エリアを目指して歩いてみることにする。神戸市バス7系統「平野」で下車し、有馬街道を北上。すぐに祇園神社が正面に見えてくる。


祇園神社を右に見送り、有馬街道の旧道へ入って「平野町市民公園」。ここらあたりから折り返すうように破線道があるようなので、まずはその破線道を追うことにした。


市民公園の端っこ、施錠されたフェンスがある。立入禁止などの案内は見られないし、どうもその先に道らしきものが続いているようす。フェンスの端から失礼して山に入る。


出だしは随分と幅の広い道が広がっている。車も通れそうだ。


少し南へ進むと「東服(Ⅱ)地区急傾斜地崩壊危険区域」と示された案内板が転がっている。こうした案内板があるということは一応私有地ではなさそう。そのまま進むことにした。


おそらく祇園神社の北あたりを歩いていると思う。一部は倒木があり通過するのが煩わしい。


道なりに進んでくると石垣エリアが現れた。土砂崩壊を止めるための類には見えず、これはどうやら住宅の基礎のようだ。今歩いている両側に石垣がある。まずは一段上の石垣に上がってみることにした。


そこは随分だだっ広い平坦地になっていた。イノシシの箱罠は後年設置されたもののよう。


さらに一段上がって見下ろす。風呂というか、炊事場というか。そういう部分も見られる。この敷地とは別の敷地もたくさんあって同様の構造物が見られた。


このエリアは一体なんなのか。似たような場所で思いつくのは市ヶ原の布引の集落。あそこはゴルフ場開発などの出稼ぎの人たちが住んでいたというし、ここも天王谷ICあたりの何かしら工事の関係で住宅があったエリアなのだろうか?また調べとこ。


1960年代の空中写真を見る限りは結構広い敷地だったようで、屋根のある建物のようなものも見られる。後日祇園神社に問い合わせてみると、過去に宅地造成の話があったそうで、しかしながら立ち消えになったらしいとのこと。一方で山行当日の確認では衣類なども散乱していて、何かしらバラック的なものが建っていた時期もあるんじゃないかと思う。


廃墟探索でやや破線道を外してしまったものの、南へ抜けて尾根の尻の方へやってきた。ここからは普通の登山になる。

1

2 3

色づきはじめの神戸市立森林植物園散策。ニホンカモシカを見に行く(柿木塚を見に行く)。前のページ

紅葉狩に二本松林道から再度公園修法ヶ池まで歩いてみるが。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  2. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  3. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  4. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  5. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…

ナレッジ記事

  1. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  2. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  5. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…

ピックアップ記事

  1. 岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  2. 鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大…
  3. 射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻…
  4. 摩耶ケーブル東の尾根から摩耶東谷を経て摩耶ロープウェー下の尾…
  5. 天上寺のヤマボウシを見に行く。摩耶東谷(旧道)の山腹道探索か…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  2. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  3. 布引・北野

    苧川西谷西道はやはり廃道か。
  4. 裏六甲

    射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻。
  5. 摩耶

    青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
PAGE TOP