摩耶

(更新日: 2023.09.20) 2

Tokiwaさんと山歩き。摩耶山忉利天上寺奥之院など摩耶遺跡探訪。

2017年3月18日 土曜日。7:45起床。今日は今年1月14日にお会いしたTokiwaさんと山歩きのお約束の日。摩耶ケーブル下駅で10:00に待ち合わせ。共通のメイン山域である摩耶山を歩くことにした。摩耶山の歴史などは他サイトにお任せするとして、個人的には古くからの歴史、山城、戦争、昭和のレジャー施設、茶屋、観光ホテル、三大夜景の掬星台などなど興味が尽きない山域。そこをTokiwaさんと歩く日が来るとは思わなかった。
Tokiwaさんの記録はこちら


10:00始発の摩耶ケーブルに乗り、虹の駅で下車。ケーブルカーは二人がけが10席。立ち乗りを入れると40名弱はいたかも。激混み。ロープウェイの定員は子供含めて25名なので1便待たさせることになる。CAFE702、六甲技研の社長もリュックサックマーケットの開催日ということか乗っておられた。


虹の駅手前の「摩耶山歴史の散歩道」案内=「虹の駅から歩いて楽しむ、森の中に眠る摩耶遺跡探訪コース」の看板がある。この通りに歩くなら普通の道。しかし今日はこの2人。普通に歩くわけがない。


虹の駅から上野道の続きを登っていく。先を行くTokiwaさん。どうやらまず行きたいところがあるようす。今日、探索してみたいのは「丑三つ参旧跡、龍神社、龍神池、弁天池」など奥之院周辺にあったとされる遺構の探索。


上のアメヤ跡で小休止。道標奥、仁王門の迂回路に入っていく。ここにある「アメヤ」と書かれた水槽には、かつて湧き水が溜められラムネや果物が供されていた。


アメヤの茶店跡には現在もラムネ瓶の破片が散乱している。なんだか新しそうにも見えるけど…。


迂回路を進むと最初の曲がり角の木に「境界見出標」の赤看板が釘打ちされている。ここから南東方向に踏み跡を下っていく。この先にあるP532mを探索。


峠状を挟んでピーク。ここまではやけに明瞭な踏み跡が続いていた。ピークにはクスノキ科であろう樹木が数本あるのみ。


今来た道を戻らず途中から北方向へトラバース。獣道以上杣道未満、そんな感じの踏み跡を辿る。天上寺のお坊さんは谷筋へ下って水汲みをしていたので、周辺には踏み跡はそれなりに多いのだと思う。しかし目ぼしいものも見つからず、途中クスノキの巨木がある地点から尾根状を登っていくことにした。登っていくと迂回路の最終地点に飛び出した。階段を登って、次の旧摩耶の大杉を見に行く。

1

2 3 4

山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°パノラマ写真 & Google マイマップで一覧作成。前のページ

住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から廃道田辺谷を登る。次のページ

コメント

  1. 最強タッグで 摩耶山彷徨でしたね。

    これからも 楽しみです。

    ありがとうございました。

    • 摩耶山さん歩さん こんにちは!

      摩耶山は六甲山系の中でも、楽しみ方が色々あって良いですね。

      今後ともよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  2. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  3. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  4. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  2. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  3. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  4. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  5. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。

谷筋ピックアップ記事

  1. 仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登…
  2. 葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を…
  3. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  4. 岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  5. 摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北…
PAGE TOP