住吉・芦屋

0

高座川支流梅谷(東高座谷)を登る。岡本背後の山をトラバースして住吉川まで。

2017年3月26日 日曜日。二度寝からの10:03起床。曇り空。降水確率50%。天気が悪いのはわかっていたし、どこに行くかは決めていなかった。こういうときは地味(多分)なところを歩くことにしている。芦屋川支流の高座川、その支流の梅谷を登ってみよう。六甲山前衛のこのエリアはまだまだ歩けていない。


阪急芦屋川で下車して高座谷方面へアスファルト道を登っていく。高座川浄水場と高座滝の中間地点の小滝。その先の右岸支流。今日はここを登る。


正面に東高座砂防ダム。渡渉してダム右手前にあるプラ階段を登っていく。このダムの天端には土石流感知のワイヤーセンサーが張られている。


下りてこんな感じ。う〜ん、地味…。この先には治山ダムがあり、そこにもまたセンサーが張られていた。プラ階段も同じくあった。階段の先、右手には鉄塔があった。どうやら鉄塔巡視路の一部みたい。


ダムを越えて上流へ。この砂礫の下は床固めになっているのかどうか。右岸は治山事業のコンクリで固められている。


パックリ剥がれた大きな岩が沢床に転がっていた。地味な谷ながらも崩れやすいんだろう。


小滝でもあったんじゃないかと思う場所。荒々しいようす。


トラップのように仕掛けられているワイヤー。ダムも含めれば4箇所だったかな。こんな地味な谷でこれだけワイヤーを見たのは初めてだ。先で二俣になっていて、本流右俣へ進む。


右俣へ入ってすぐ。小滝が出迎えてくれた。左岸の壁からもわずかに滴っている。谷を歩くんだからせめて小滝には出会いたい。


やや曲がった先にも小滝が続いていた。といっても3mにも満たない段差程度のもの。


とても土石流が起きそうにない感じ。しかしここで起きるようなら周囲はもっと危険というわけで、だからこそセンサーが設置されているんだと思う。北野の裏山にはないよなぁ。


さて谷筋を詰めていく。倒木の脇に週刊賃貸住宅ニュースの看板が転がっていた。なんでこんなところに転がっているんだろう?謎すぎる。社名が記載されていたけど、現在は別会社になっているようだ。この先は笹の緩斜面になって、適当に進んでいくことにする。


会下山尾根のグリーンベルト事業の原っぱに飛び出した。このあとは岡本背後の山道をグリグリ周っていくことにする。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  2. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  2. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  3. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  4. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  5. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…

ピックアップ記事

  1. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  2. 亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  3. 北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅…
  4. 五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピーク…
  5. 布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  1. 住吉・芦屋

    天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下る。
  2. 住吉・芦屋

    黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。
  3. 長峰

    長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚へ。
  4. 西宮・宝塚

    生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経てエデンの園へ下る。
  5. 長峰

    岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。
PAGE TOP