摩耶

0

Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はどれなのか?それを見に行く。

2017年2月11日 建国記念の日の土曜日。11:35起床。相変わらずの起床時間。今日はシリーズ山行3回目として黒岩尾根に行くことにした。


「神戸市背山路圖 KOBE HILL MAP」で見ると、Black Rock Ridgeと示されているだけで、赤線はない。別途赤丸で黒岩と示されているものがある。これを見に行こう。


13時過ぎに出発。新神戸駅裏手。なんとなく違和感。と、「こうべの森 案内図」がなくなっている。先週はあったから、今週撤去したのか…。随分ボロっちくなっていたしね。かもめんとともに中央区のページに紹介があるんだから、新装版で復活することに期待しよう。


砂子橋にある「昭和59年11月 神戸東ライオンズクラブ寄贈」のハイキングマップは現役。手書きの案内図はやっぱり良いなと思う。
ところで砂子橋から川を見ると水流がまったくない。


雌滝に寄る。越流しておらず、堰堤最下部の排水路や、その下流側の保護堤が良く確認できる。


貯水池は先週よりさらに水位が下がっていて、五本松堰堤の4つある取水管の一番上が顔を覗かせていた。レアもの。貯水池の北西、落石防止柵があるあたりに2つほど、水面の下に構造物らしきものが見えていた。締切堰堤なのかどうか。謎。


貯水池を周ってきて、放水路隧道の矩形の呑口。264.3m先にポッカリ吐口。五本松堰堤関連の情報は市役所のページにたくさんあります。


少し進むと紅葉の茶屋。ハイキング道左手にひっそりと建つ石碑。昭和七年四月吉日建之の養氣會記念碑。傍らには名前が刻まれた石版が無造作に転がる。茶屋の女将さんに話を聞くことにした。


養気会は昭和二年発足した団体。茶屋の創設と同じ年。紅葉の茶屋に集った、神鋼や川重の面々で構成されていたそう。茶屋には古い写真が置いてある。上の写真の左端に写るのが初代の女将さん。今回も色々お話を聞くことができた。とりあえず「2017年2月18日のブラタモリは必見だよ」ってことを聞いてお店をあとにする。番組紹介の動画を見る限り、須磨浦山上遊園のカーレーターと布引の締切堰堤が出ている。さて、今日のお題へ。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  2. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  3. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  4. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  5. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  2. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  3. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  4. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  5. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。

ピックアップ記事

  1. 【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上か…
  2. 西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  3. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  4. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  5. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  1. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  2. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  3. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  4. 摩耶

    岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつできるのかしら。
  5. 布引・北野

    北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
PAGE TOP