住吉・芦屋

0

芦屋川滝ヶ谷を登る。石の宝殿を経て十八丁尾根を下って有馬温泉駅まで。

2017年4月2日 日曜日。10:03起床。昨日は会社の引越しがあり山へ行けず…。今日は滝ヶ谷に行ってみることにした。事前の情報は色々とあるので心配は少ない。


阪急芦屋川から阪急バスに乗って「東おたふく山登山口」で下車。芦有道路と民家の間を北上し、この地点から右手谷方向へ下る。


12:00 腐りかけの木橋がある地点から北向き、ここで入渓。芦有道路をくぐって進む。すぐ先で奥池町の住宅用の橋をくぐる。


昭和49年製 滝ヶ谷堰堤を左から越える。水は思いのほか澄んでいた。巻き気味に進み適当な地点からすぐに谷に戻る。


谷に下りたもののこれ…石積堰堤をまとめて左から越える。進んだ先には個人宅のフェンスがある。フェンスと堰堤の間にはスペースがあり、そこを登って堰堤を越えた。


本谷は涸れ谷になる地点。右手を見ると水門のようなものがあった。見に行ってみよう。前方は石垣で登れないので、流路工の15cmほどの壁を慎重に進む。


芦屋市水道部が管理するもののよう。水門の管理はどうやっているんだろう?遠隔操作はできそうにないし。フェンスの外を進むと左手谷筋に堰堤が1基見える。


さらに進むと締切堰堤が見えてきた。ゆるい傾斜の上にすのこ状に鉄板が並んでいる。ちょっと下から見てみたいんだけど、水路に下りたら上がれそうにないので諦める。

天端には階段があるんだけど、立入禁止になっていた…。すのこ状から水が落ちて転流して水門まで流れているようだ。どういう経緯でできたものなんだろう?謎。


写真左奥に先程の階段が見える。階段を通れば楽なんだけどそうもいかないので、斜面巻いて登って谷に戻ってきたかたち。


地味なところを進むと4段の石積堰堤。右から早々に巻く。


左岸を見ると現場通路ができていた。堰堤工事でもやっているんだろうか。とりあえず進んでみることにする。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  2. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  3. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  2. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  3. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  4. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  5. 菊水山周辺についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大…
  2. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  3. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  4. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…
  5. 阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  1. 住吉・芦屋

    坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山道で山上駅まで。
  2. 裏六甲

    水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  3. 摩耶

    石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  5. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
PAGE TOP