遠征

0

GWで2泊3日の小屋泊。槍沢から槍ヶ岳へ。


食事を終えてのんびり、もう少し景色を楽しんでおく。


18:30 日が沈んでいく。ここは日本なんだよなぁ…。


夕陽に映える穂先。名残惜しい。談話室に戻って「銀牙-流れ星 銀-」(1巻しかないのがもどかしい)を読んだりしながら過ごす。20時頃就寝。ここでは1人1枚布団を確保できた。


3日目 6:00前に起床。今日から天気は下り坂。良い天気の連続だった。6:30過ぎに単独下山開始。兄はスキーで下るので槍沢ロッヂで合流するかたち。


やはり名残惜しく振り返る。幕を閉じるように穂先がガスに覆われ気味。


カブト岩まで下ってきた。槍沢ロッヂで兄が下ってくるのを待つこと1時間弱。雪が腐っていて、まともに滑れなかったみたい。重いの担いできたのにねぇ…。


合流後、登ってきた道を下っていく。


何度も北アルプスに来ている兄にはなんてことない風景なんだろうけど、Muscleには何もかもが新鮮。やはり沢に目がいく。


一ノ俣にて。ここから常念岳へ至る道、いつか歩いてみたいなぁ。本当に水がキレイ。


徳沢でソフトクリーム¥400を買って食べる。通常ならなんてことないかも知れないけど、ここではかなり美味しく感じる。川沿いに下って上高地バスターミナルへ。2泊3日は長いようで短かった。新神戸に着いたのは21時前。今朝まで槍ヶ岳にいたのが嘘のよう。今回はガイド付きで本当に良い経験ができた。


ところで帰ってから体重計に乗ると、4kg減っていた。ちょっと減りすぎな気がする。無駄なものを持って行きすぎたのは反省…羊羹4本、アクションカメラ、余分な予備バッテリーなど使わず。靴もオーバースペックだったかも。まぁ靴は役立つときが来るかな。今回の経験と反省を活かして夏か秋口にまた行ってみようかなと思う。

1 2

3

杣谷川支流貧乏川を登る。尾根を下って貧乏川支流を登り返してマヤカン。前のページ

新穂高三枚岩を登り、東峰コルから中谷を下る。三度目でも全体像が掴めず終わる。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  4. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  5. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。

ナレッジ記事

  1. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  2. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  3. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  4. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  5. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…

ピックアップ記事

  1. 苧川天狗谷右俣を詰めて555P。下りは行者尾根で青谷道。
  2. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  3. 北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘…
  4. 射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻…
  5. 北黒五山から雨ヶ峠へ。支尾根を下り長谷(河原ヶ谷)を登り返し…
  1. 摩耶

    青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。
  2. 摩耶

    地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返す。
  3. 須磨・長田・兵庫

    須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を下るもゴルジュに阻ま…
  4. 長峰

    日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  5. 住吉・芦屋

    弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経て三国岩から802.…
PAGE TOP