レク

, 6

生田川公園の銀杏を見に行く。

2018年10月8日 月曜日。やっと綺麗に晴れましたね。しかし山に行く気になれず…というのもここ最近流れが悪いんです。1か月前に受けた人間ドックの結果、腫瘍マーカーに引っかかり要精密検査。その結果次第で近い内に1日入院でしょうか。楽しみしていた10月末の北アルプスは行かないことにした。また、車の自損で18万円也…( ゚д゚) 踏んだり蹴ったりとはまさにこのこと。


そんなこんなでオカルト派のMuscle、流れが悪いのでちょっと山は控えることにする。どうもこの流れの中、谷に行ったらケガをするイメージしか湧かない。
そういえば神戸に住むことになった両親に「生田川公園に銀杏がたくさんあるよ」と聞いていたので、散歩がてら一緒に見に行くことにした。

生田川公園にある連翼亭と百龍嬉水 神戸市と天津市の友好都市提携20周年を記念して、天津市から贈呈されたものだそう。


連翼亭を真下から見たのは初めてだなぁ。こんな風になっていたのを知る。


さて、生田川公園の東側にはイチョウの木があって、銀杏が実っている。この公園を管理しているのは中部建設事務所で、要するに市所有のもの。神戸市都市公園条例を見る限り、木にくっついている状態の銀杏を採取するわけにはいかない。


しかしこうして銀杏がたくさん落ちているんですよね。ちょろっとおすそ分け程度に戴くならお咎めはないかもしれないけど、黒に近いグレーゾーンか。事実上は所有権があるとは思えないんだけどなぁ。まぁ勝手に採るわけにはいかないでしょう。


画像はイメージです。

どうあれ例えば銀杏を手に入れたとしたら、まずは外側を腐らせるため、また匂い対策で一旦土に埋める(匂いその他が気にならないならそのまま剥くのも有)。1〜2週間後、外側を洗い流して種を取り出す。種を乾かしたあとは、紙袋に入れてレンジでチン!粗塩を振っておつまみに。


公園の北側には六甲連山をモチーフにしたモニュメントがある。「ふれあいの泉」というそう。湧き水を使って、布引の滝を表しているんだとか。
う〜ん、やっぱり山歩きにいい時期だしなぁ…もろもろスッキリしたら改めて山に行こうと思う。

NPO法人ひょうご森の倶楽部『世継山に登ろう!』企画で世継山に登る。前のページ

住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。次のページ

コメント

    • あーちゃま
    • 2018年 10月 16日

    そうなんですか15日も兄妹で山の話しをして写真をまた皆で見させてもらいました(笑)
    あの水瓶みたいな物は私達のおじいさんが残した土地ですよ、また行かれたさいには石のダムを少し進んだ右側が私達の家があった所なんですが、私達が引っ越した後おばさん家族が住んでたんですが火事があり無くなってしまったらしいです(涙)
    そのすぐ進んだ所に水瓶みたいな土地があると思います、そこからおじいちゃんの家が見えてました
    又行かれましたら、写真楽しみにしております。

    • こんばんは!

      再び詳しいお話ありがとうございます。
      火事などは大変だったろうと想像します。
      実際に住まわれた方のお話は貴重です。こうして教えてくださって感謝いたします。
      訪れた際はあまり無茶しないよう注意しますね。

    • あーちゃま
    • 2018年 10月 14日

    初めましてあなたの湊山谷の山歩き見させてもらった者です、あそこは私が産まれ育った山です
    最近お墓参りの帰りに懐かしく途中まで兄妹と行った所入口で崖くづれで川までしか行けませんでした悔しくて
    どうしても先が知りたくてスマホで探してみたら湊山谷を歩くてので写真を見つけて本当に兄妹で懐かしく拝見しました
    有り難うございました、検査大丈夫だと祈ります

    • あーちゃまさん こんばんは!

      なんと!産まれ育った山とは。
      ご覧いただきありがとうございます。
      こうして何かしらの参考になればという思いもあり、うれしい限りでございます。
      崖崩れがあるんですね…あそこはもう一、二度訪れようと思っているところです。

  1. すっかりご無沙汰しています!!

    流れが悪いですか。
    そういう時に谷に行ったら怪我しそう、というくだり、
    「うん、うん、うん、うん!!!!」と
    ムチウチになりそうな勢いで激しくうなづきながら読みました。
    同じくオカルト派の月もその感覚わかります。

    にしても、ほんとに踏んだり蹴ったりですね。
    平成の厄落とし(!?)なのかもしれません。
    精密検査の結果が良い方に出てくれることを祈ってます!!

    かくいうラム家も今年はいろいろありました。
    周りを見渡すと、犬友達なんかも
    本人や家族が大手術とか、
    びっくりするような話を何件も目の当たりにしていて、
    今年ってなんかそんな年なのかなぁ?と。

    平成の灰汁(?)みたいなものは平成のうちに・・・
    そして来年からまた新しい時代を
    身も心も新たに、ってことなのかしら?とか
    ますますオカルト感覚てんこ盛りで妄想しています。

    何はともあれ、Muscleさんがまた
    何の曇りもない清々しい気持ちで
    山や谷を歩き回れる日が
    一日も早く訪れることを願ってます。

    • 月さん こんばんは!後厄真っ最中のMuscleです。

      いつもこうして元気をいただいて!ありがとうございます!本当に、本当に。

      歳を重ねると色々あるのを実感します。自分のことも、周りのことも。
      行雲流水の境地に至れば良いのですが、なかなか難しいものです。

      精密検査で恥ずかしめを受けるのがちょっと心配であり、ちょっと楽しみだったり(笑)
      基本的にこういうことは「なるようにしかならない」「期待は大体裏切られるもの」と思っているので
      寝て待つことにします。
      でも今どうこうなってしまうとかなり無念なので、
      やはり大事に至らないことを願ってしまいます。(言っていることがあっちこっち…)

      などとわけのわからぬことを言いつつ今週末は山に行っているかもですね(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  3. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…

ナレッジ記事

  1. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…
  2. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  3. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  4. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  2. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  3. 天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC…
  4. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  5. 北黒五山から雨ヶ峠へ。支尾根を下り長谷(河原ヶ谷)を登り返し…
  1. 長峰

    焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る。
  2. 住吉・芦屋

    弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経て三国岩から802.…
  3. 住吉・芦屋

    寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  4. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  5. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
PAGE TOP