須磨・長田・兵庫

, 4

獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ森林公園まで。

2017年2月18日 土曜日。10:10起床。外を見ると天気は良くない。お腹の具合もよろしくない。こういうときは探索の山行にする。神戸市境界石を探しに行くことにした。


12:45 神鉄丸山駅で下車して北上。昭和な感じが残る町内を進む。途中、萩野町1-3の電柱から細道に入り、道なりに進んで獅子ヶ池方面に向かう。


鹿松町2-9電柱の方へ入り、鹿松住宅を過ぎて進むと左手に「アチラ向橋」。

アチラ向橋 1981年 神戸市住宅局建造 道示(1972)1等橋 使用鋼材:IBグレード 制作:王子建設株式会社

POP ARTなる施設?の案内看板を過ぎると獅子ヶ池の入口に至る。ここが以前の入口だったんだろうけど、フェンスに遮られている。が、立入禁止というわけでもなさそうなので、フェンスが切れているあたりから分け入る。


ややゴミゴミしたところを抜けると池の南東角に至る。東側を進んで獅子ヶ池(神戸市長田区一里山町)の石碑。池を少し周回する。


南を向いて、先には高取山。ところでこの池の水はどこから来ているんだろう?下流は「ししのこばし」から苅藻川を経て新湊川へ向かっているけど。


池の南西角から北へ進んで最初の道標。池の西面は歩いたので、踏み跡が見える左上へ行ってみることにした。


少し進むと尾根状の道に出る。西方には横尾山、須磨アルプスがよく見える。こんな道があったのかぁ。パノラマ道を北へ。


少しばかり進むと十字路状になっている。ちょっと写真ではわかりにくいんだけど、左手に「神戸市都市計画局工務課」設置の基準点があった。一旦勢いで奥にある鉄塔まで進んだものの…、引き返しここから右下に下っていく。


神戸市境界石の五十七号に来た。これは以前に確認済。今日はこの天辺の切れ込みが示す方向へ進んでみよう。



ページ:

1

2 3 4 5

コメント

    • A-tacs
    • 2018年 5月 24日

    獅子が池の南東の山ですね?
    今思い出しましたが、管理用の入り口が北側にあるんですよ。
    祖父が「地権者から入り口を管理するなら使っていい」という約束で格安で土地を借りて小さな畑をやってました。
    ただ地権者が亡くなって借りるのをやめたそうです(今から15年前ぐらいの話かな?)
    だから今ではそこからは立ち入れませんが。。。

    ↓別のアクセス方法です参考までに、こんな方法で入っている人がいますね。
    http://yuttarisan2011.sakura.ne.jp/shishigaike2008.html

    • 獅子が池の南東の山ですね?←その通りです。

      入り口が北側にあるんですねぇ。まったくわかりませんでした。
      ご紹介していただいたサイトは初見だったかどうか。
      (六甲山系の個人ブログはほとんど見ているはずなのですが…)
      池の周りの感じはたった10年前とは言え随分違いますね。

      サイトについては「同じにおい」を感じずにはいられません。
      もう少し詳しく見ていこうと思います。

      ところでA-tacsさんのお祖父様にそうした経緯があったとは。
      知ってしまうとなるべく安全に、あるいは合法的に周辺を歩きたいと思いますが…どこもかしこも私有地でしょうね…。

      重ね重ね情報ありがとうございます!

    • A-tacs
    • 2018年 5月 24日

    初めまして、獅子ヶ池周辺をたまに迷彩服を着て潜んでいる者ですw
    この記事にあったような小屋をいくつか見つけたので、調べていたらここにたどり着きました。
    境界をたどる楽しみ方があるとは知りませんでした、面白そうですね。
    「ひよどりごえ森林公園入口」付近の境界ですが、石柱のような物を見た記憶があります。
    http://muscleturtle.jp/wp-content/uploads/2017/01/DSC_0307.jpg
    ↑以前アップされていた画像でいうと、画像左側のフェンスのすぐ向こう側に石柱のような物があった気がします。
    探している物と違っていたらごめんなさいm(__)m

    • A-tacsさん 初めましてでこんばんは!

      迷彩…藪の中で出会ったら腰抜かしそうです笑

      獅子ヶ池周辺は私有地も多かったりで(特に南側の一帯)、
      私有地の裏山に入りたいものの、取り付きもよくわかりません。

      石柱があったとか!これは行って確かめてみなければ!!
      違ったら違ったでそれも楽しむようにしますね。

      貴重なマニアック情報ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  2. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  3. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  4. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  3. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  4. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  5. 地蔵谷についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘…
  2. 北黒五山から雨ヶ峠へ。支尾根を下り長谷(河原ヶ谷)を登り返し…
  3. 布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  4. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  5. 寒谷1基目の治山ダム左岸支流から608P。寒谷北尾根を下って…
  1. 裏六甲

    鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  2. 住吉・芦屋

    蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。
  3. レク

    北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅葉の茶屋へ下る。
  4. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  5. 摩耶

    布引谷の集落跡と地蔵谷の遺構再探訪。地蔵大滝上流左岸の無名支流を登って555P。…
PAGE TOP