裏六甲

, , 8

猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。

2018年2月24日 土曜日。8:21起床。先週は色々あって山はお休み。42歳の誕生日を過ぎて最初の山行になる。この先も無事に山を楽しめたらいいんだけど。さて、今日は記録が見られない谷に行ってみようと思う。


11:01 唐櫃台駅で下車。ハミング広場なる一角。漂う昭和感がたまらない。「串かつタイガー」にはいつか行ってみたいところ。FBやインスタなどSNSもやっていて意外に人気みたい。それはさておき山へ向かう。


逢山峡の舗装路を延々と歩く。道中謎のトンネル?これはなんだろう。


舗装路歩きも飽きてきたころに入渓しすぐに猪ノ鼻滝。舗装路に戻るのも面倒なので右岸をへつって滝左の壁へ。


ぬめぬめした部分があるので注意して滝左を登っていく。滝の上には猪ノ鼻小橋が架かっていてその下を通過する。


橋を越えて20mほど、右岸から支流が流れ込んでいる。六甲_摩耶_再度山路図によれば「岩谷」と名前がある谷筋。


奥山川本流を右に見ながら入渓。さっそくゴロゴロ…わずかに水流は見られるけど岩肌を濡らす程度のもの。


谷筋は狭く、比較的大きな岩が転がっている。なるほど岩谷というわけだ。ん?奥に砂防ダムが見えるぞ…。


昭和42年度治山事業。神戸市都市計画情報の白地図や地理院地図での下調べではダムはないと思っていたのに…。

デジャブのような展開でさらに2基ダムを越える。3基目はややこぶり。これなら載っていないのもわかるけど、手前の2基はなんで載っていないのか謎。


ダムを越えるとすぐに二俣になっている。右に曲がり本流を追ういつもの展開。


意外にもここへ来てもわずかながらまだ水流がある。渓相はそれはまぁ地味。とにかく上流へ。

ページ:

1

2

コメント

  1. こんばんは~(^^♪
    無事にパソコン購入されてさっそく風呂ノ谷の記事を読んでくださったみたいですね!
    さすが、仕事が早い☆☆☆
    さきほどmuscleさんが「いいね」してくれた記事のひとつ、今読み直してみると、風呂ノ谷入ってすぐ鉄塔管理道に行く説明文で致命的な間違いがありました!笑
    「左下方」と書くべきところ「右下方」と、真逆に書いてました。笑
    実際、現地に行って見ていただければ文章の間違いにはすぐ気づかれると思いますが、ときどき右と左をなぜか書き間違うことがあるので(変な癖)、月の文章を信用なさらず、はじめっから疑ってかかって読んでくださいねー。笑

    • こんばんは〜

      iMacのエントリーモデルを購入(妻が)しましたが、随分スリムになっていて驚いているところです。技術の進歩ってすごいなぁと。
      ミーハーぶりは否めず、今更ながらイオンモール神戸南に行ってみたもののMacは売っておらず、結果HATのヤマダ電機に行って購入。

      右左は川の位置ですかね。分岐の踏み跡も見ました。あとはトラ柄テープなども。
      それにしても(想像ですが)風呂ノ谷あたりまではアプローチが長く、よくへこたれないな、と。どんな体力してんだよ!と。
      私も右岸左岸はよく間違えます。ブログを書きながら、目をつむって振り向いたりしている始末です。
      古寺山も含めて大いに参考にさせていただいてぐるぐる歩こうと思います。

      • ほんと、技術の進歩のスピードは凄いですね!
        ミーハーぶりで言ったら、イオンモール神戸南がオープンして即行ってしまった月としては全く人のことは言えません!笑
        コンピューターでMac派は、どこにでもあるわけではないからなかなか苦労しますよね。

        今回、書き間違えた右左は川の位置です。が、道の分岐とかでも平気で左右を間違って書いてることがあります。あとで読み返して自分でビックリしてのけぞったりしています。幼児でもないのにどうして左右を間違うことができるのか!笑

        今回muscleさんが確認された分岐の踏み跡やトラテープなど、また探検してみてください。
        あそこらへんの山域はほんとに人が少なくて(逢ヶ山の山頂周辺以外で人に会ったことありません。笑)いいですよ。

        muscleさんのご想像どおり、風呂ノ谷までラム家からだと1時間半近くかかるかな?水無の方まで行くと2時間はかかりますね。途中でラムちゃんの道草もあるので。笑 山登り始める前にストレッチとか準備運動とか一切しないからウォーミングアップにちょうどいいかな、って感じですが、時間が勿体ないのは否めません!山に登る前に普通の人ならバテる・・・かな?笑

        • イオンモールの件はもちろんチェック済です!もう行きおった、早!と。

          パソコンは売り場自体がないとは思いませんでした。それにしても周辺の寂れっぷり…。ポーアイにすれば良かったのにー!※個人的な感想です。

          2時間って…私の場合なら下手したら山歩きで終わってしまう時間…すごっ!

          誤字脱字の無さは脱帽ですが、左右の違いは一応頭に入れておきますね笑

  2. わわわ!
    こちらにいらしていたとは!!Σ(・ω・ノ)ノ!
    でも実は今日、なんとなく勝手に予感してました!!
    月「むむむ?これはもしかして近くにいるのでは?」と。
    (って、鼻の利く野生動物か、あたしは。笑)

    それにしてもまたマニアックな谷を・・・。笑
    毎度のことながらさすがすぎます。

    muscleさんが逢ヶ山を歩いていたと思うと
    なんだか不思議な感じがします。

    また是非いらしてください!!
    そして、ラムちゃんの知らないラムちゃんの庭のこと
    いろいろ教えてください♪
    楽しみにしています!

    あ!
    つい最近お誕生日だったんですね?
    おめでとうございます☆☆☆(≧▽≦)

    • 月さん こんばんは!

      お祝いのコメントありがとうございます!

      そちらに行くたびに帰り道で交差するんじゃね?と構えていたりします笑

      なんだかあの植林帯に気後れしてしまってなかなか行かずにいましたが、ちょくちょく行こうと思います。

      風呂ノ谷について月さんが色々書いていたことがあったと思うんですが、どの記事だったかなぁ…。
      さっきパソコンがぶっ壊れたので明日買いに行って、それから記事探してみます。

      • なんと!パソコンがぶっ壊れた!?誕生日直後に!?笑

        風呂ノ谷は何度も歩いてるので、その都度なんだかんだ書いてるから
        けっこういっぱい記事があると思います。
        自分で探すのも一苦労です。笑

        風呂ノ谷から入って尾根を登るのも悪くないですよ。
        muscleさんは谷好きだからイマイチかなぁ。

        新しいパソコン手に入れたら頑張って探して読んでみてください!笑

        • スマホからこんばんは〜

          あの辺りの記録は月さんのブログが本当に充実しています。記憶力が乏しい私、その都度ピックアップしてコピーしておこうと思います。

          明日はパソコン購入、その他諸々で山には行けそうにありませんが、読んだ暁にまた行ってみます!尾根の取付きもいくつか確認しましたから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…

ナレッジ記事

  1. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  2. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  3. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  4. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  5. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…

ピックアップ記事

  1. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  2. 学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北…
  3. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  4. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  5. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  1. 住吉・芦屋

    岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  2. 裏六甲

    船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。…
  3. 須磨・長田・兵庫

    天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC、IC西の破線道から…
  4. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  5. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
PAGE TOP