布引・北野

0

裏山昇降運動。休業中の事情etc. 気になることの備忘録と。

もうね…こんなときですから。Muscleの近況をお伝えしておきます。※写真の日付は前後あります。

緊急事態宣言前日の4/6に会社のパソコンを家に持ち帰り在宅ワークの準備、がしかし!広告を主体とするMuscleが勤める会社は早速煽りを受け仕事は激減。4/7からは正味散発的な業務をこなすのみで実質休業となった。前日に決まっていた広告作成を午前中に済ませ、午後は何をするわけでもなく…。基本的には休業というわけで午後から北野町の裏山歩きを行っている。


ハンター谷の下にある(城山展望公園)周辺ルートマップ。このあたりを登ったり下りたりしている。この図にない西側の三森谷の尾根や谷道も歩いているけれど。


4/8 山道に入る前、あるいは朝の散歩は北野町の細道をウロウロしている。北野荘が解体されいていた。


このあたりではなかなか古風な味のある建物だなぁと思っていたものの、開けてみたらこんな感じ。かつてのようすはどんなだっだろう?


4/10 午前中の仕事を済ませて、裏山歩き。今日は写真正面に見える鍋蓋山まで歩こうかとこのあと二本松林道に入ったものの…仕事が入ってしまったので再度谷、大師道を下る。こんなときでも大師道は人がたくさんいた。控えなきゃね。


仕事が入ったので猩々池から大師道を下って諏訪山。「子供の園」で遊んでいる子供がけっこういた。意外だ。


4/11 ハンター谷東尾根を登ったりする。今年はツツジも桜もろくに楽しむことができなかった。


4/14 城山道を登る。この日は会ったのは1人だったけれど、翌日は10人以上とすれ違った。しばらくこの道は控えようと思う。

さてここからはこの間気になった石柱を備忘録としていくつか記録しておこうと思う。


こちらはヒヨコ会館跡の脇にあった「三千回記念 大西五〜」 大西吾郎さん?だろうか、アーチ状の遺構。変わった意匠で気になった。ヒヨコ會舘全景についてはTokiwaさんのウェブサイトでご確認ください


続いて城山道の堀切にある三角柱。側面に「U」とあって頭に「1」とある。1ってことは次は2か?と期待したものの…。※隣の石柱は神戸水道の「神水(こうすい)」石柱。


近くにあったもうひとつの三角柱。側面に「C」とあって、頭は「1」。


そばに「水道用地境」の石柱があるのみで三角柱は見えなかった。「水道用地境」の石柱に関してはいくつか見つけているのでまたまとめてみたいと思う。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  3. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  4. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  5. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  3. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  4. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  2. 杣谷川支流貧乏川を登る。尾根を下って貧乏川支流を登り返してマ…
  3. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  4. 苧川天狗谷右俣を詰めて555P。下りは行者尾根で青谷道。
  5. 祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道…
  1. 須磨・長田・兵庫

    天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC、IC西の破線道から…
  2. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
  3. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
  4. 裏六甲

    射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻。
  5. 住吉・芦屋

    芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山から甲陽園まで。
PAGE TOP