ナレッジ

, , , コメント: 2

埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。

この度は、私の我儘から「長峰大好き」さんから貴重な写真のデータをいただいた。それは私が生まれる前、杣谷の堰堤がまだほとんどなかった頃のもの。写真をいただいた経緯は、私が好きなブログで見たコメント。ハムさんは、写真で見る美しい谷のようすに感動されていた。どうしてもその写真が見たくて…。身勝手なお願いに快く応えてくださり感謝いたします。かつての美しい写真にあれこれ添えるのは野暮かも知れない。自分の山行の写真と当時を見比べてみよう。


はじめに、現在でいうと摩耶砂防ダム正副2基を越えた先にある左岸支流と本流の滝。
隠れ滝_2015
2015年5月24日撮影。樹木に覆われ、また滝の方向が多少変わったように見える。右岸に同じ形の岩が今もあるのが感慨深い。
岩ヶ谷_過去
続いては岩ヶ谷。
岩ヶ谷_20152016年3月12日撮影。入口の滝は姿を消し、奥には摩耶第五堰堤ができた。見る影もない。なんならこの岩屑をどかせたい。これまで歩いた谷筋のゴーロは堰堤工事によるものが多いと実感させられる。
寒谷滝_過去
寒谷滝。紙垂が張られている。時々架け替えられていたそうだ。下流に堰堤はなく、現在より一段深い。
寒谷滝_2015
2015年5月24日撮影。明るい岩肌の部分が苔で覆われている。直登は難しくなったと思う。現在のハイキング道からは確認できず、ひっそりと佇んでいる。
木ノ袋滝_過去木ノ袋谷の大滝。直下に大岩が転がる。
木ノ袋滝_2015
2015年5月30日撮影。こちらも苔に覆われている。大岩は昔からあったんだなぁ。割れてしまったようだ。滝身は上流からの影響か、汚れているように思う。
ハチノス滝_過去
これは長峰山 ハチノス谷のハチノス滝。
ハチノス滝_2015
2015年4月25日撮影。ここも少し流れが変わっているようだ。昔の写真のなんと明るいことか。
ハチノス大滝_過去
一面に広がる岩壁。ハチノス大滝。
ハチノス大滝_2015
2015年4月25日撮影。これもやはり両岸から埋まっていっている。かつての迫力はいかほどだったか。水量は変わらず少ない。
天狗塚_過去
長峰山 天狗塚から西方。
天狗塚_2015
2015年5月23日撮影。寒谷北尾根の岩塔群は樹々に埋もれてしまっている。谷筋が暗くなったというのがよく分かる。

伺ったところによれば、当時は全般的に植林がまだまだ進んでおらず谷は明るく開け、川床の御影石は白く輝くようだったとのこと。植林は成功したものの、一方で多くの滝の岩質が脆くなり苔も増えたという。

これまで知らなかったかつての姿を垣間見る貴重な機会となった。現在は1,000基を越える堰堤で、美しい渓谷の多くは彼方に消えた。しかしどこかにまだ埋もれていない美しい場所はあるだろう。心揺さぶられる景色を求めて、これからも山行を続けていこうと思う。

関連記事

  1. ナレッジ

    国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録のまとめ方修正版。

    2016年7月5日「山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院…

  2. ナレッジ

    市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ?しょうがはら?

    ここのところ神戸市バス25系統を使う機会が多く、どうにもこうにも気にな…

  3. ナレッジ

    六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策について。

    2017年8月20日 日曜日は長峰山の北面の谷へ向かった。長峰山へ至る…

  4. ナレッジ

    山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成しOpenLayersでKMLファイルを読…

    2017年7月12日 水曜日。先月26日に「山道さん」から記事にコメン…

  5. ナレッジ

    【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

    2016年6月28日火曜日。神戸市文書館に行く機会があり、神戸100年…

コメント

    • 長峰大好き
    • 2016年 6月 02日

    昨晩ブログを拝見してパネマジ写真(初耳の言葉でした)の記事に遭遇して「!!ここはどこ??」状態でしたが
    今日この記事が増えててさらに「えっ!?」状態です…
    綺麗にレタッチしてご紹介いただいて嬉しい限りです。
    美しくも懐かしい写真を持っておられる方はたくさんいらっしゃると思います。
    私もそういった写真鑑賞熱烈希望です。
    ということでさらにお手間が増えますがシリーズ化できればいいですね。

  1. こんにちは! 

    「!!ここはどこ??」
    やはりそうなりますよね…。公開したあと、件の記事はまったく合わないなと思い削除しました。
    お目汚しすみません。

    思いを馳せながら歩くのは好きなので、ぜひシリーズ化したいところ。
    …なのですが何分元となる写真がない状態。(手だてを考えなくては)

    こうして、見せていただけたのは本当に幸運です。
    ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

マイナーレコ

  1. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  2. 廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  3. 奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳か…
  4. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  5. 生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経て…
  6. 社家郷山キレットルートから外れ峰南尾根。小天狗山を経て宝殿橋…
  7. 塩屋周回。旗振山西尾根から須磨浦山上遊園。句碑の細道を南に下…
  8. 須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を…
  9. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  10. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。

謎が出てくる回

  1. 石楠花谷核心部を経て石楠花谷西尾根。天狗岩経由で炭ヶ谷西尾根…
  2. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  3. 太子の森から錨山・市章山。森林植物園で柿ノ木塚を確認し狼谷を…
  4. 三社権現跡から八十八ヵ所窟尾根コース。赤松公の碑から老婆谷中…
  5. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  6. 北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘…
  7. 西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極…
  8. 石楠花谷西尾根を登るつもりが…上谷上を10km彷徨う。
  9. 東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を…
  10. 摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北…

ナレッジ記事

  1. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  2. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  3. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  4. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  5. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  6. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  7. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  8. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  9. 裏滝道を歩いて布引の滝へ。旧生田川両岸の道路を歩いてみる。
  10. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…

シリーズ山行

  1. 神戸市境界石No.72-77 平野谷西尾根から極楽谷経由で再…
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. Jizo Valley 天狗峡旧道を経て地蔵谷を登る。道中に…
  4. Tenseien-Path 天清園道・菊水山・城ヶ越・神戸ア…
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  6. 神戸市境界石No.75-76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  7. 神戸市境界石No.116-87 県立美術館を起点に青谷道、東…
  8. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  9. 神戸市境界石No.82-98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区…
  1. 住吉・芦屋

    蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。
  2. 摩耶・長峰

    摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北の谷を下り水道管谷を…
  3. 摩耶・長峰

    東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を登り、東山尾根を下る…
  4. 西宮・宝塚

    生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経てエデンの園へ下る。
  5. ナレッジ

    モンベル六甲店でクライミングスクールSTEP1と2。
PAGE TOP