須磨・長田・兵庫

, 2

神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇にて。

2018年12月8日 土曜日。9:20起床。先週の旅のあと夫婦そろって仲良く風邪を引いてしまい未だ引きずっている。
今日は久しぶりに神戸市境界石シリーズというわけで石柱を探しに高取山へ行こうと思う。2018年7月14日以来のシリーズ山行


事前に石柱の在り処の当たりをつけてはいたんだけど、なかなか行く機会を作れずにいた。


14:16 西代駅から出てすぐ、北を向くと手前に蓮池小学校があり、その向こう奥の方に高取山が見える。今日は体調が優れないので歩くには丁度良い短さになると思う。この地点から東へ数メートル、県立文化体育館と小学校の間を抜けて北へ。


次にまた東へ進み、西代蓮池公園あたりから路地を北上。


なんの当てもなく…とりあえず初めて歩く路地。進んだ先で神戸常盤大学に入れる場所がある。


神戸常盤大学敷地内の76.8mピークには四等三角点があった。ここにも石柱があるかも知れないと思って一応寄ってみたものの…1つ目の候補は肩透かし。


大学の敷地から北へ下っていく。手前に西代中学校、その先に高取山。山中の境界は顕著なピークや主要な稜線にあるわけだけど、街中の境界にはこうして各種の学校や郵便局や交番があるのはデフォルト。


路地を歩いていくと突如クスノキの巨木に出くわした。あとから調べるとここは桃ケ丘神社というものがあるらしい。寄っておけば良かった。


高取山方面へ向いて進むと高取台中学校がある。中学校の東側、タイムズとの間の路地を北へ進む。


階段の先にあるピーク、そこにも石柱があるかも知れないと睨んでいる。本日2つ目の候補は階段の先…。


階段を登った先がこれ…トゲもたくさんあるけどここまで来たなら勢いで突っ込んでいく。


やや強引に進むと扉に阻まれた。手前右から回り込むことにした。そこもなかなか難儀する展開。


またまた猛烈な藪エリア。掻い潜るのがしんどいので、藪の上に乗って半ば立ち泳ぎのような感じで進む。


短い距離ながらしんどい藪を抜けると竹林エリア。どうやら左手は私有地のフェンス。個人のものではなさそうなしっかりしたフェンスだ。ピークまではあと少し。

1

2 3

両親の金婚式で飛騨高山。1泊2日の小旅行で奥飛騨温泉郷 福地温泉「湯元 長座」を堪能。2日目は新穂高ロープウェイ。前のページ

廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺について。次のページ

コメント

    • 街歩き人
    • 2018年 12月 13日

    Muscleさんこんにちは。
    46号発見おめでとうございます。
    発見場所のすぐ北の公園には2度ほど入って周りを見回したのですが
    その場所だと多分見えないでしょうね。
    それにしてもそこで46号とは。
    山中にあと2、3本はあると思っていたので意外でした。

    • 街歩き人さん こんばんは。

      候補地で無事見つけることができました。
      高取山山中には南側で1本、北側に1本あるかないかですね。
      47号は一体どこにあるのやら、ですね。あんな短いメジャー区間で見当たらない不思議。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  3. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  4. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  5. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…

ナレッジ記事

  1. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  2. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  3. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  4. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  5. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…

ピックアップ記事

  1. 地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返…
  2. 西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  3. 社家郷山キレットルートから外れ峰南尾根。小天狗山を経て宝殿橋…
  4. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  5. 北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅…
  1. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  2. 住吉・芦屋

    黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。
  3. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
  4. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
PAGE TOP