ハチノス滝手前の左俣から坊主岩を目指す。岩ヶ谷南尾根経由で杣谷支流にも寄っておく。


正面に摩耶山頂を見据えながら下りはじめる。派手な倒木地点を通過。この尾根は初めて歩くのでどうなることかと思ったけど、尾根を外す心配はなさそう。


倒木が激しくここは一旦巻き気味に下る。


振り返って一枚。数メートルの区間は岩が露出していてそこそこ楽しんで下れる。


しばらく下ると開けた場所になっていて、眼下に摩耶第二砂防ダムが見えてくる。写真の右下には摩耶第五堰堤が見えている。


その地点から岩ヶ谷を挟んだ対岸に立派な岩場がある。これはJRに乗っていてもはっきり見える顕著な岩場。おそらく阪田岩と呼ばれた岩場に違いない。この写真の反対側、一本南の尾根を見ると岩が見える。面白そうだしそこもいつか行ってみようと思う。
さて、下る。この先は工事で往来されていたようで明瞭な踏み跡が続いている。


下り着いたのはここ。わざわざこの尾根を下った理由はこのあといく谷筋がそこにあるから。杣谷を渡渉してハイキング道と交差。そのまま向かいの谷筋に入る。昨日入り口の滝のみ確認していてその先が気になった。今日はその先に行ってみようと思う。


ハイキング道からも見える谷筋に入ってすぐの滝。これも少々やっかい。足を大きく開いてなんとか登る。


どんな展開になるかと期待したものの、滝を越えるとあっけない。伏流していて単なる斜面だ…失敗。戻るのも選択肢だけど、とにかく山寺尾根まで登ってみよう。


そもそも地形図で見ても浅い谷なわけで…どこも地味。せめて絵になりそうな場所を選んで登っていくことにした。


しかしどこを進もうが地味は地味。滝を見るに留めるのが正解。しばらく進んで山寺尾根の稜線が見え始める。登り詰めるのが少々億劫になり、トラバース気味に山寺尾根に合流。


山寺尾根を下り、杣谷道に合流。15:35 都合一周してきたかたち。


今日は課題だった、3つの岩場を確認。登路図を更新しておこう。まだ行っていないところはたくさんあって、いつまで経っても完成しない。この山域で次に行くのは日没東谷にしようかと思う。はたしてどんな展開が待っているのか。

今日歩いた軌跡

  1. 長峰大好き

    スリムな体型に最新の山ファッション、身軽な行動力に見合った隙のないルックスに感服!
    一方どこのホムセン御用達?というようなガジェット感満載の私
    ご一緒したら凄い凸凹感‥笑!

    坊主岩は堪能されたようでかじった覚えのある私も一層楽しく拝読させていただきました。
    同日、私は紅葉撮影目的で入りましたが市街地よりも山の紅葉が遅れてるのか予定変更して岩ヂャレの”ゲートピラー”への新ルートを探って徘徊三昧

    昨日のレスをまたいでの書き込みですが
    あの杉にも出会われたようでなにより!距離をおいた目視ですが左右両尾根にも美しい樹があるようですね。
    2週続きの台風で稜線の大きな樹もたくさん根こそぎ倒れてしまいました。
    谷あいの樹も土石流でもあれば一大危機でしょうし芽吹いた場所で運命が分かれる所ですね

    寒谷滝の古い巻き道、昔はもっと簡単だったのですが
    今は真砂化した急斜面と繁茂する樹々で安全なルートが狭められてしまいました
    一方山寺尾根から昨日の寒谷枝谷へのルートは比較的簡単、
    MuscleTurtleさんやTokiwaさんがご紹介下されれば寒谷へのアプローチに選択肢が増えそうです
    長文失礼!

    • MuscleTurtle

      長峰大好きさん  おはようございます!

      最近は体重が増え気味で少々動きが鈍くなってきています。
      坊主岩はまわりをこちょこちょしたのみで核心部には至っておらず情けなく思います。
      岩ヂャレのゲートピラーこれまた素敵なネーミングで、また行ってみたくなりました。
      第一ルンゼから至れそうですかね。

      寒滝は今回の右からの巻き、以前は2段目から左からの巻き、どちらも安定しません。
      南から大きめに巻くのが良いのか、北の尾根を使って巻くのか。
      下段でずり落ちたこともあって、どうもこの滝は苦手です。
      かつての直登ルートも、今見る限りとても難しいように思います。

      寒谷にもまだ美しい木があるとのことでこちらにも興味津津。
      尾根筋の探索には良い季節になってきたので、ダイエット含めて頑張ろうと思います。

CAPTCHA


Twitter

最近のコメント