住吉・芦屋

, 0

阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。

2018年6月30日。午前中はヒゲ脱毛15回目。とても蒸し暑い。ここ最近は石柱探索やレクが中心で谷に行けていない。こういう暑いときは谷に行こう。通常八幡谷と言えば谷沿いの登山道なんだけど、毎度のことながら谷をできるだけ下流から上流まで遡行するつもり。12時過ぎに自宅を出発。


12:40に阪急岡本駅で下車し、線路沿いを西へ進み、北へ曲がると榮田橋。橋の下で四俣になっている。一番右の筋が天上川=八幡谷だ。


さすがにまだ川に入るわけにもいかないか。 岡本八幡神社手前の禊橋を渡り対岸の天上川公園へ入る。


公園に入ってすぐに入渓。なんだ、あっち側に梯子があるじゃん…。あれを使えば良かったな。


小規模ながら抜けにくそうなダム。水通し周辺の草木はすぐ剥がれるし…。右の茂みに入ってみると立派なステップが付けてあった。ダムを抜けた先はジャングルの中を進むかのよう。


藪エリアを抜けるとコンクリートの沢床。得てしてこうした先にはやっかいな展開が待っている。


正面のダム、両岸は石垣で三方塞がる。右岸に垂れる竹を頼りに抜けていく。抜けた先でコンクリ斜面を下って谷に戻って遡行再開。


やや地味なところを抜けると小滝。腰まで浸かって正面から抜ける。写真奥の白飛びした部分には大きな堰堤が見えている。越えるのはやや困難で一旦戻るようにして交わす。

と、日栄橋の上に出てしまった…ちょっと興醒め。しようがないか…一旦舗装路を進んで岡本堰堤の上流側に出ることにした。


堰堤を越えてすぐに谷に戻るもこのような辛い展開。どうにか流れに沿って進む。もし入渓ポイントを指定するなら住宅街が切れた辺りになるのかな。


地味な渓相のエリアを抜けると二段の小滝がお出迎え。奥を見るに期待が高まる。


上段の小滝は半人工になっていた。取水用の施設なのかな。わざわざこんなところに作った理由はなんだろうか。いよいよゴルジュが始まる。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  2. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  3. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  3. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…
  4. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  2. 社家郷山キレットルートから外れ峰南尾根。小天狗山を経て宝殿橋…
  3. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  4. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  5. 桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  1. 摩耶

    葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を破線道通りに下る。
  2. 摩耶

    石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  3. 布引・北野

    新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継山へ登る。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    菊水第2ルンゼ(仮称)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。
  5. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
PAGE TOP