摩耶

, 0

桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。

2018年8月18日土曜日。11:52起床。8月13日の山行で徳合道を探したものの痕跡の発見には至らず、今日は第2回目として下り方向で廃道の探索に行くことにした。
改めて徳合道の場所のおさらいを。


赤丸で記した道筋が徳合道。桜谷道から別れて途中支流に合流し(現在のアドベンチャールートの北側で)黒岩尾根に出る道になっている。


今日もビューラインに乗って掬星台。そういえば今日は第3土曜日か。時間は14:28…。いい加減年パスを買った方が良いんだけど、今年はタイミングを失ってしまった。まずは黒岩尾根へ進む。


アドベンチャールート分岐を過ぎて、右手にそれらしい踏み跡はないかと探しながら結果桜谷西尾根の取り付きまで来てしまった。とりあえず右の踏み跡に入る。


桜谷西尾根方面へ入るとすぐに松の木がある。ここから右へわずかに踏み跡があったので、仮にここを徳合道の上側の取り付きとする。


桜谷支流の西側を谷方向へ向けて進む形。小径と言えそうな踏み跡が続いている。


支流をまたいで東側の山腹を下流方向へ進んでいる。倒木があったりしてどんどん踏み跡は薄くなりやがて消えてしまった。というわけで左手谷へ下る。


谷筋へ下っていくと下り方向1基目の治山ダムの右岸へ至る。このまま谷底まで一旦下ることにした。


全体的に地味な谷筋ながらダムの下流側はしっかり谷の様相。小滝状の岩は湿っていてわずかながら水流がある。


2つ目の小滝も慎重に下っていく。やはりこの時期谷筋は虫が纏わりついて鬱陶しい。この先には2基目の治山ダムが控えている。


治山ダムの手前で左後方から浅い谷筋が交わってくる。そこには保安林の看板。事前の予想ではこの辺りに水平道=徳合道の踏み跡があるのではないかと睨んでいた。そしてこうした看板なり道標なりがある場所には、得てして「分岐する道らしきもの」があると勝手に思っている。


しかしそれらしき踏み跡を確認できず治山ダム左岸袖に来た。これは多分下りすぎ。しかし踏み跡らしきものがそもそもないわけで…この高さから山腹を進んでみることにした。

1

2 3

桜谷道西の廃道 徳合道を探して。前のページ

亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  3. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…

ナレッジ記事

  1. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  2. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  3. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  4. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  5. 菊水山周辺についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  2. 新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継…
  3. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  4. 蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周…
  5. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  1. 摩耶

    亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  2. 摩耶

    木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  3. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  4. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。
PAGE TOP